HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
リーズナブルな“シトラス風カジュアルフレンチ”で地元に溶け込む
フレンチ・グリル シトラス 平成17年
企業概要
 長年、東京を中心に修行、洋食店やフランス料理店において料理長や店長なども経験、3年前に福井へ戻ることになったのをきっかけに創業を考える。福井に戻ってからは、他店で勤務しながら開業準備に入り、此の程「フレンチ・グリル シトラス」をオープン、念願のオーナーシェフとなった。

 店名の「シトラス」は、研修で訪れたアメリカ・カリフォルニアの、フレンチやイタリアンにこだわりなく地元の食材を活かした調理方法で料理を提供する、自分と同じ志向のレストランに由来する。同時に、その名の通り「柑橘類のように爽やかに」との意味も込められている。

 一般に、フランス料理というと敷居が高く、着飾って出かけるようなイメージがあるが、当店では、地域密着、地域に愛される店を目指し、近所の方々が家族連れで気軽に入れ、気軽に食事を楽しめる雰囲気を大切にしている。

 提供している料理は、コース料理だけでなく、単品でも食べられ、価格もリーズナブルに設定されている。もちろん、低価格であっても、厳選した素材を、手間をかけ、フランス料理の技術を活かして調理し、お客様に満足していただいている。

 炭火焼料理や和牛肉を使ったハンバーグ、近海物の魚料理などを中心に、日本の洋食やイタリア料理などの要素も取り入れ、地元や全国の良い食材を使い、素材と味にこだわった、手頃な価格の“シトラス風カジュアルフレンチ”を提案している。
店舗全景

支援内容
 新規開業にあたり、「専門家派遣」などによって、ビジネスプランの作成から、事業立ち上げに関する法人登記、不動産契約などの法的な手続のアドバイス、資金調達の支援など、開業に至るまでの様々な段階で個別支援を実施した。

企業者の声
代表
青柳彰彦氏
 なんと言ってもまずは、開業のための資金を調達でき、開業できたことが一番の大きな支援だと思っています。また、ビジネスプランを作成することで自分の行動の方向性が明確になり迷うことがなくなりましたが、開業に至るまでは、店名のロゴやDMのデザイン、従業員の接客サービス教育など様々な障害がありました。

 支援センターには、その都度、豊富な経験を持った専門家の方々から懇切丁寧なアドバイスをいただきました。今考えて見ますと一人で開業の準備をしても、自信がなかったり、迷いがあったり、専門家からのアドバイスもうまく受けられなかったと思います。

担当者の声
 創業者の強い思いと明確なコンセプトをもとにお店づくりを行なう中で、資金調達や経営の進め方についてのアドバイスなどのお手伝いをしました。

 今では、地域での繁盛店となっており、支援がお役に立てたと思っています。

企業基本データ
代表 青柳彰彦
住所 福井県福井市渕4-2807
電話 0776-33-0330
e-mail anwk-ao.93@ms.viplt.ne.jp
URL
従業員 4名
業種 飲食業(フレンチレストラン)
主要製品 カジュアルなフランス料理