HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
単なる機器のレンタルから、トータル・サポートを行なうレンタル事業へ
株式会社生産技術 平成17年
企業概要
 当社は、溶接ロボットなどの産業機器のレンタルおよびメンテナンスを24時間体制で行なう国内唯一の企業として、全国規模の活動を展開している。近年、多くの企業が新たな設備投資を抑制し、レンタルに依存する傾向にあることから、常時5,000台余りのこれら産業機器を取り扱っている当社へのニーズはますます高まり、業績は順調に推移している。

 その一方、ロボットの多様化、高精度化が著しく、応用範囲が拡大している昨今、ユーザー企業では、より一層のロボットの活用や新たなロボット化、ランニングコスト削減、スピードアップを進めることが求められている。こうした背景から、単なる機器のレンタルではなく、トータル・サポートを行なうレンタル事業に取り組むこととした。

 例えば、試作のためのワークテストの提供がある。試作品の溶接テストを介した最適な技術設計の提案である。ユーザー企業からテストピースを提供してもらい、性能の異なる各メーカーのロボットを組み合わせた当社のロボットシステムで溶接試験を行ない、最適なロボット化を提案する。

 あるいは、専門知識を生かした溶接ラインシステムの提案がある。場合によってはユーザー企業の現場ラインにロボットを持ち込み、期待する品質、ランニングタイム、ランニングコストが実現するかどうかを検証して、システム提案を行なう。併せて、必要なロボットおよび周辺機器の開発・改良も行なう。

 また、ユーザー企業の技術者の技能修得機会の提供も重要である。オペレーター育成や技能向上研修の要望にも充分応える必要がある。

 このように、ユーザー企業のロボットシステム化に対する提案、設計、製作を総合的にサポートする、新たなサービスを提供する事業を展開するものである。
社屋
 
産業用ロボット

支援内容
 当社が、顧客の様々なニーズに対応し、自らもその創造性を発揮していくためには、ワークテストやロボット周辺機器の開発を行なう環境を整備、拡大するとともに、ロボット製品の展示場やオペレータの技能育成の研修所を新設する必要があり、そのための工場の増改築の資金調達について相談があった。

 まずは代表の話を詳細に聞き、計画の内容を組立て、事業計画を作成することから始まった。投下資金は15億円とかなり大きなものであったたが、隣接地権者の了解が得られたこと、金融機関の理解が徐々に高まってきたことから実現性のある内容に煮詰まってきた。

 平成15年度に、事業の可能性を検討する「事業評価支援検討委員会」で事業内容を評価してもらい、中小企業経営革新支援法にもとづく承認申請を行なった結果、同法の承認を得ることができた。

 この承認により資金調達が円滑に進み、同年に政府系金融公庫からの融資を、翌16年に地元金融機関を主幹事とした金融機関の協調融資を受けることができた。

 現在、神通川左岸に、倉庫、展示・試作・研究開発棟、研修棟から成る、今後の業容拡充を支える総合レンタル基地が完成した。

企業者の声
取締役社長
堀辺峻雄氏
 経営革新法の承認後、取引銀行から当社事業の将来性を評価され、これが突破口となって融資が次々と決定されました。これに併せ、事業全体を通じて事業計画の再点検と財務面の指導、資金面からビジネスプラン作り等、多くの経営支援が活力の源になりました。全国展開を行なっている当社は、信頼性ある企業となるよう心がけて行きたいと思います。

担当者の声
 当社は、全国展開に関する営業戦略、内部管理体制の整備を中心に、関連施策・制度を活用したいとして支援センターに来られました。社長は大変エネルギッシュで事業プランの完成度も高く、新事業への取り組み・経営革新への挑戦意欲と、粘り強い行動力に敬服しており、今後に期待するところ大です。

企業基本データ
代表 取締役社長 堀辺峻雄
住所 富山県富山市婦中町青島34番地
電話 076-465-1000
e-mail seisan@seisan.co.jp
URL http://www.seisan.co.jp
従業員 55名
業種 産業機器レンタル業
主要製品 ロボット・溶接機・産業機械のレンタルおよびメンテナンス、ロボット化設計製作