HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
心もなごむ自然石アート舗装で“地球にやさしく”
株式会社アステス 平成17年
企業概要
 平成10年1月個人創業、平成11年5月法人化(有限会社)を経て、平成17年7月株式会社に組織を変更した。一般土木・舗装を業としているが、当社独自のサンドブラスト(けい砂の吹き付けによる削リ取り)工法を開発し、自然石アート舗装を中核にコンクリート舗装・リフレッシュ事業など、他社に無い独自の営業活動を展開している。

 特に、自然石アート舗装は、今までは“黒”のイメージが強かったアスファルト舗装を、文字・絵画・ロゴなど様々に模様化するもので、公園・歩道・駐車場などの景観をより美しく、快(こころよ)い場所にすることができる。骨材(コンクリートの主要材料)に自然石を用い、表層のアスファルトをサンドブラスト工法で模様化するが、骨材は透水性が高く水はけが良く照り返しも抑え、削リ取り施工では砂だけで化学薬品は一切使用しないことから、環境にもやさしい工法である。

 コスト面でも、従来工法では、人工の有色骨材や結合材を使用し、脱色バインダーで黒色を無色にするため、コスト高となる。これに対し、当社の工法では、骨材となる自然石をそのまま生かし、自社考案したサンドブラスト工法に合わせて自社開発した機械(サンドリフレッシャー)によって施工することで、コストを従来の1/2以下に引き下げた。

 平成17年8月現在、施工代理店を国内23府県下に28代理店おき、「自然石アート舗装」の全国展開を図っている。今後も、各都道府県あたり4〜5店舗の代理店拡充を目指している。
自然石アート舗装例

支援内容
 今回の自然石アート舗装についての新開発に関し、次の支援を行なった。(2004年度)

 (1)事業可能性評価事業への評価申請をすすめ、所定の手続きにより「A」評価と認定された。その後、マスコミ・金融機関・取引先などに紹介し、当社の知名度と企業信用度の向上に貢献した。

 (2)岐阜県製品技術研究所や岐阜大学を紹介し、前者での「自然石アート舗装とアスファルト舗装の表面温度測定」後者との「アート舗装の歩きやすさに関する共同研究」により、当社の工法および製品の優位性を証明するための実証データなどを入手できた。

企業者の声
代表取締役
高田美士男氏
 事業可能性評価で「A」評価をいただき、改めてこの事業に自信を持った次第です。愛地球博の長久手会場にもこの工法が採用され、上海万博にも使用したいとの問合せが来ており、社会的にも認知されたことを実感致します。

 支援センターの先生方の適切なアドバイスが大変有難く、今後も益々事業を推進させて行きたいと思います。

担当者の声
 当社は、経営革新計画の認定申請にはじまって、支援センターの中小企業支援制度を活用されてきました。今後も当社のような好事例が増えることを願っています。

企業基本データ
代表 代表取締役 高田美士男
住所 岐阜県本巣市政田2980-1
電話 058-323-8186
e-mail u-astes@f4.dion.ne.jp
URL http://www.h3.dion.ne.jp/~astes
従業員 13名
業種 一般土木建設工事業
主要製品 自然石アート、NBSコンクリート、リフレッシュインターロッキングクリーン

提携に関する情報
 現在、静岡、埼玉、大阪、兵庫など23府県下に28企業の代理店を有していますが、今後は更に、東京、神奈川、岡山、広島県下などにも拡充していく方針です。