HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
環境機器の開発による経営革新
株式会社アルナコーポレーション 平成17年
企業概要
 当社は、昭和38年設立のアルミ建材のメーカーで、学校・図書館・病院等のサッシ・ドアの改修・修理業務を得意としている。

 建材施工時に、空の飲料缶やペットボトルがゴミ箱からあふれ、時には廊下まで転がっている情景を目にした丸山社長は、缶・ボトルの減容機械の考案に心を動かされる。

 当時の類似機器は、1台100万円もしており、しかも全面を平らに潰してしまうので2次減容でのブロック化に支障をきたすという欠点があった。そこで当社は、減容機構を工夫することで、缶中央部のみを潰し、缶を「H型構造」として缶同士が絡み合うようにすることで、2次減容でのブロック化に支障のないよう工夫した。その上、1台17万円という低価格化の実現に成功(商品名「缶ペチャくん」)している。

 この「缶ペチャくん」は、既に関西国際空港に200台設置、東京都港区役所環境課にも採用され、思わぬ所では、自衛艦「きりしま」始め5隻の艦内に設置されている。それらを含めて、現在、約500台が稼働しており、環境美化と容積の減容に貢献している。

 さらに、「缶ペチャくん」を「中小企業総合展(大阪)」に出展していたところ、ある来場者から「この機械で吸水スポンジが潰せないか」と相談を持ちかけられ、開発したのが脱水で90%、減容で80%が可能となる吸水スポンジ減容機(商品名「水きり物語」)である。吸水スポンジをカッターで細分化し、ゴムローラーで圧縮することで水切りと減容を行うという簡易な機構であるが、改良に改良を重ねたものである。

 この「水きり物語」は、吸水スポンジメーカーや関連流通業者から、また、花屋店や葬儀社からの引き合いが相次いでいる。
(左)缶ペチャくん
(右)水きり物語

支援内容
 (財)愛知県中小企業振興公社の平成16年度事業可能性評価に応募があり、そのプレゼンテーションを経緯として、中小企業基盤整備機構が主催する「中小企業総合展(大阪)」に出展。その会場で「水きり物語」を開発する出会いを見出している。

 さらに、平成17年度の第1回「有望ビジネスマッチング交流会」で、販路拡大・事業提携先の確保を目的にプレゼンテーションを行っている。なお、プレゼンテーションに先立ち、ブラッシュアップを行ったこともあり、内容の完成度も高いものとなり、大手商社を始めとし多数の企業から商談交渉をうけるとともに、予定していなかったベンチャーキャピタルからも具体的な資金支援の提案も受けており、営業拡大と資金充実で、次なる飛躍が展望できるようになった。

企業者の声
代表取締役会長
丸山隆資氏
 (財)愛知県中小企業振興公社の事業可能性評価に応募し、先生方より色々なご意見を頂いた。その結果、増資を含め、販促費用枠を大幅に増し、積極的営業を展開する方針を決めた。

 さらに、「有望ビジネスマッチング交流会」に参加させて頂き、従来とは違ったお客様のご意見を伺い、大きな励みとなった。

担当者の声
サブマネージャー
興津 覚氏
 当社は、公共工事主体の建設関連業者であるが、本業脱皮を目指して、「缶ペチャくん」の開発に取り組んでいる。類似機器を大きく引き離す価格実現と2次減容のブロック化に関する減容機構については、5年間のトライアンドエラーを重ねたもので、丸山社長の執念にも近い取り組みを感じさせる製品である。

 一方で、「水きり物語」は、顧客ニーズにすぐさま対応した成功事例であり、これらの製品開発プロセスは、ベンチャー経営者に必要な資質とされる「粘り強さ」と「迅速さ」のモデルといっても過言ではないだろう。

企業基本データ
代表 代表取締役会長 丸山隆資
住所 愛知県名古屋市緑区大高町大根山14-150
電話 052-623-8111
e-mail alna@a-alna.co.jp
URL http://www.a-alna.co.jp/
従業員 15名
業種 アルミ建材製造業
主要製品 アルミ建材の加工・施工・販売
環境・福祉製品の開発・製造・販売