HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
5S活動を中心とした生産管理体制の構築で様々な紙製品の市場開拓に取り組む
林製紙株式会社 平成17年
企業概要
 紙のまち富士市で昭和30年にちり紙の製造をもって創業、昭和36年よりトイレットペーパーの製造に進出、現在は様々な家庭紙・トイレットペーパー・産業用薄用紙等の紙製品製造販売を行っている。

 平成10年にはアンテナショップを本社工場前にオープンし、翌年には沼津にも設けた。自社製品だけではなく家庭紙全般を置いて常にお客様の声をダイレクトにフィードバックさせ、顧客の求める高品質・低価格商品を追求し商品化している。

 当社の経営理念は、「経営が株主・社員・利害関係者の厳粛な信託であることを認識し、先見性・合理性・安全性及び公開性を追及する。日々の業務において常に改善に努め、広く社会・環境に貢献出来る会社となる様に努力する。」としており、環境にやさしく風通しの良い経営体制を確立させている。

 ここ数年は、顧客の求める多品種小ロットの製造販売に対応しており、自社商品である販促用(企業広告のプリント等)・贈答用商品が好調に推移し、取引先企業はもちろん一般顧客からの評判も非常に良く、今後においても顧客満足に努め新商品開発を行っていく。

 今後の目標・課題としては、当社の強みである多品種小ロット販売の拡大を図ると共に商品アイテムの増加に対応する生産管理体制の更なる向上を図り、組織全体のレベルアップに繋げていきたいと考えている。
本社・工場
 
企業向け販促用商品
トイレットペーパー
写真一覧

支援内容
 現場改善(生産管理・歩留率の向上)に対する専門家の派遣要請を受け、現場と一体となって5S活動を中心に生産管理ができるアドバイザーを派遣した。

 当社の強みである多品種小ロット生産の拡大を図るためには生産性の向上が不可欠であることから、5S活動の徹底により現場作業員の意識改善を図った。アドバイザーと共に現場の課題を明確にしていき、実際に行動することにより改善意識が高まり、組織全体の意識統一が図られるようになった。

 これは、経営陣及びアドバイザーが現場作業者の視点に立ってコミュニケーションを図ったこと、又何事にも真剣に向き合って会話した結果である。専門家派遣をきっかけに現場の意識向上が図られ、組織が確立し、生産性・歩留率の向上も現実となり当初の目的は達成された。

 今後は、HPによるネット販売等ITの専門家派遣によるアドバイスを考えている。

企業者の声
 内部の声だけでは従業員の意識改善は図れなかったが、外部(第三者)の声を聞くことによって現場の目標がより明確になり、社員全員で一つの目標に向かって行動することができる様になりました。

 今回の専門家派遣により組織全体のレベルアップ(生産性・歩留の向上)を図ることができ、専門家には良い「きっかけ」を与えていただいたと大変感謝しています。

担当者の声
 専門家派遣制度の利用により生産性の向上・歩留率の改善に寄与できた好事例である。

 当社の管理者の改善意識が高かったこともあり、短期間で組織全体の意識改善を図ることが現実となった。

 今後は確立された組織の維持・継続をしていき、更なる発展を目指し企業価値を高めて欲しい。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 林 浩之
住所 静岡県富士市比奈626
電話 0545-34-1441
e-mail banbix@shizuokanet.ne.jp
URL http://www.hayashi-paper.com/
従業員 30名
業種 製紙業
主要製品 トイレットペーパー・家庭紙・産業用薄用紙ほか