HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
得意分野でユニークな新製品を開発事業化
シビル安全機材株式会社 平成17年
企業概要
 昭和60年、シビル建設(株)は甲府市において建築部を設立。外壁材の建築を担当し、建築現場において足場の組立てや壁板の取り付け作業を行っていた。その際に足場を固定し作業の安全性確保、作業工程の短縮及び壁面の無損傷仕上げの為の建築金具の製造を行うこととなり、技術研究と試行錯誤を重ね、平成元年にシビル安全機材(株)として独立した。平成4年には建設現場の足場用のつなぎ金具を独自に考案、商品名「セフティジョイント」として特許を取得し製造販売を開始した。全国の建材卸商・販売店を通じて大手ゼネコン・建築業者等に販売をしている。また、平成12年に、それまでアウトソーシングしていた金具製造について共友プレス製作所を吸収合併して技術開発力を高め、建築金具の製造から販売までを一貫して手掛ける体制を整えた。

 平成15年には、開発研究を進めてきた建築工事において使用するH型鋼と木材を連結するための連結金具について特許申請、同時に商品化にも成功した。同社は得意分野において常に現場のニーズに立脚したユニークな製品の開発に熱心に取り組み、徹底した技術検証を行った上で商品化する姿勢を貫き業界の信用を得ている。
建築用連結金具
写真一覧

支援内容
 H型鋼と木材を連結する連結工具の開発事業化計画についての相談を受け、平成15年第3回事業可能性評価委員会に諮り可能性有りとの評価を受けた。特許取得内容の整理のために専門家派遣による助言支援を行った。また、県工業技術センターにおいて機械特性値の証明のための技術的評価試験支援を行った。

企業者の声
代表取締役
齋藤金次氏
 平成元年に創業以来、建築金具の開発製造販売に取り組んで参りましたが、新事業の具体化に当たっては問題点の解決について多面的な観点から助言をいただき、適切な支援を得ることができ事業を推進することができました。

担当者の声
 当社は得意の分野に特化して商品開発に取り組み、積極的に中小企業支援センターに相談に見え、施策の活用を行い業績向上に努めています。様々な支援メニューを用意していますので、気軽にお問い合せご相談下さい。

企業基本データ
代表 代表取締役 齊藤金次
住所 山梨県南アルプス市上宮地266-2
電話 055-280-1022
e-mail cvl_anzen@ybb.ne.jp
URL http://www.geocities.jp/saito_cvl/
従業員 3名
業種 製造業
主要製品 建設足場用連結金具「セフティジョイント」、建築用連結金具「H鋼木材連結金具」