HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
温度感知シール・サーモカラーセンサー
アセイ工業株式会社 平成17年
企業概要
 当社の設立は、昭和56年である。平成11年に当社が従来から持っていたワックスの技術を応用し開発に成功した「温度感知シール・サーモカラーセンサー(ATCS)」はユニークな製品である。この製品は、設定された温度で鮮明に高精度で色が変化し、それが元に戻らない不可逆性のシールである。また、熱による危険度を色で表示するため、異常発熱の恐れのある部分に貼付しておき、機器の安全管理等に利用することができる。

 この製品が従来品と決定的に違うのは、示温材(しおんざい)と呼ばれる薬品を使うのではなく、ワックスの融点を利用した点にある。ワックスが透明化して下の紙の色が見えるというシンプルな仕組みから成っている。示温材を用いた製品と比較すると、オリジナルの発色方法の採用により温度変化に対する精度が抜群に良好なことから高性能・高信頼性であり、シールのサイズに自由度があり、かつ価格的にもメリットがある。

 現在では、電力会社、JRを含む鉄道会社、全国の電気保安協会、全国多数の配電盤製造会社、自動車や家電メーカーまで幅広い納入実績を示している。

 社長は「お客様との約束は絶対に守る」を信条にし、取引先の要望に応える形で「『アセイ』に頼めばどうにかなる」と思われるほどの小さくて強い会社を目指している。
社屋
 
温度感知シール

支援内容
 当社は、「サーモカラーセンサー(異常温度警告シール)」をテーマにして、平成13年度のビジネス可能性評価事業の審査で、「事業可能性大(A評価)」の評価を受けた。

 この評価を契機として、「平成14年度神奈川県製品開発補助金及び販路開拓補助金」(神奈川県)や「電設工業展及びテクノフェアなど各種展示会への出展・PR」、「産学連携コーディネートの実施」、「商談会への参加」などによる事業の実現化に向けた支援を行った結果、幅広い企業との取引に結びついていった。

企業者の声
 支援担当マネージャーによる経営全般に渡るアドバイスをしていただいた結果、顧客ターゲットの絞込みや拡販・販促方法が明らかになりました。同時に、人事管理や過剰在庫、資金繰りなどの経営課題も克服できる目途が立ち、現在では予想を越える大型商談が次々と舞い込んでくるまでになりました。

担当者の声
 電力、鉄道及び配電盤メーカーと大枠の対象マーケットがはっきりしていく中、第4のターゲットとして半導体製造関係及び流通関係等の分野が新たな用途として浮上してきた。

 また、展示会での反応も上々であり、さらなる事業拡大の夢が広がっている。

企業基本データ
代表 代表取締役 神崎礼子
住所 神奈川県厚木市上荻野4280-1
電話 046-241-5632
e-mail asey@guitar.ocn.ne.jp
URL http://www7.ocn.ne.jp/~asey/
従業員 30名
業種 製造業(温度制御器機及び示温材製造販売)
主要製品 WAXサーモエレメント、示温材サーモカラーセンサー