HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
お客様から信頼される日本一の不動産管理会社を目指して!!
大里綜合管理株式会社 平成17年
企業概要
 大里綜合管理(株)は千葉県大網白里町や東金市・茂原市など山武・長生郡域を中心として、一般の不動産業務に加えて、不在地主の遊休地管理を事業化している。通常、遊休地は地主自らが管理しているのが大半だが、管理の受託を事業化している例は全国的にも少ない。

 同地区には東京近郊在住者がバブル期に購入した不動産遊休地が数多く残っている。遊休地は一般的に、不法投棄のターゲットや犯罪場所になり得る可能性が高いことから、同社では受託管理地の定期的な巡回や草刈り及び花の植栽を実施して、不法投棄等の抑止を進めるとともに、地域価値の底上げや顧客満足度の向上につなげ、不動産価値を高めている。

 スタート時の管理顧客数は約700件だったが、値ごろ感のある管理料で現在では約8,800件と増加し、数年後には10,000件まで引き上げたいと考えている。

 一方、本社社屋を単なる事務所として活用するだけに止めず、パブリックな空間として開放しており、定期コンサート、セミナー、学童保育等を開催して、好評を得ている。

 また、房総100km歩き、エコツアー、大網クリーンロード等、現在、37の地域貢献活動を実施しており、地域の環境・健康・文化への貢献にも積極的である。

 企業の社会的責任(CSR)である「地域への貢献」「地域の環境整備」を実践していくことが、顧客及び地域の信頼を得て、結果的に販売促進につながっていくという経営理念で、日本一の不動産管理会社を目指している。
パブリックな空間を開放している本社社屋

支援内容
 1.顧客の「信頼」と「満足」を達成する経営ツールとして、平成13年度にISO9001を認証取得した。しかし、更なる経営方針の達成力向上のために、専門家派遣制度(20日間派遣)を活用し、地域環境と地球環境の視点を加えた経営ツールとして、同14年12月にISO14001を認証取得した。

 2.膨大な顧客データや台帳データ等を軸とした質の高いサービス提供を図るため、専門家派遣制度(5日間派遣)を活用して、新たに構築済みシステムの改善とホームページのリニューアルを実施した。

企業者の声
代表取締役社長
野老真理子氏
 ISO9001に加えてISO14001の認証取得は、環境経営を志す事業者としての企業価値を広くアピールでき、顧客からの信頼度、地域への影響力の向上により、経営基盤の強化につながることができた。

 また、構築済みシステムの改善により、満足度の高いサービス提供と業務の効率化が図られた。

担当者の声
 野老社長の明るく誠実な人柄、真摯で前向きな姿勢に思わず引きずり込まれ、同社の経営革新・継続的経営改善活動を一緒になって進めたいという気持ちにさせられる。

 「元気な企業」となる条件の一つとして、経営者の意欲、卓抜とした経営力、そして国・県等の支援策を有効に活用することが挙げられると、改めて強く感じた。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 野老(ところ)真理子
住所 千葉県山武郡大網白里町みやこ野2-3-1
電話 0475-72-3473
e-mail info@ohsato.co.jp
URL http://www.ohsato.co.jp
従業員 26名
業種 不動産業
主要製品 不動産管理、売買、造成工事等の総合サービス