HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
金属加工技術に磨きをかけて販路開拓を進める企業
株式会社シミズプレス 平成17年
企業概要
 昭和43年の創業以来、一貫して金属プレス加工におけるテクノロジーの向上に取り組み、プレス、金型、自社加工技術のスエージング加工を3本柱として高精度が要求される自動車のエンジン部品やデザインパイプなどを製造している。

 複雑化・高度化するお客様のニーズに対応して、よりクオリティの高い製品づくりに努力を積み重ねており、平成15年11月には高崎市倉賀野町の岩鼻西工業団地に工場を移転し、新型プレス機(アイダ門型 200tサーボフォーマプレス)を導入してさらなる生産性の向上を目指している。

 金属製パイプの絞り加工・デザインにおいては卓越した加工ノウハウを有し、平成14年に群馬県の「1社1技術」に認定され、「平成16年度グッドデザインぐんま」を受賞している。さらに、平成16年11月に中小企業経営革新支援法の承認、平成17年9月にはISO9001の認証も取得した。

 顧客の立場で物造りに従事し、継続的な改善に努め、信頼と満足を得る品質の提供を心がけ、技術・経営・管理の面でもより充実を図りながら成長し続けている。
社屋外観
 
各種デザインパイプ

支援内容
 当機構は、中小企業の販路拡大、交流の場として群馬県内のみならず首都圏等における中小企業総合展をはじめとする各種の展示会・商談会への出展を支援している。

 プレス加工技術、スエージング加工技術を売り込むには「絶好のチャンス」とばかりに平成13年度「中小企業技術振興展」より参加いただいた。

 これをきっかけに、その後もさいたまスーパーアリーナ、東京ビックサイト、群馬産業技術センターで行った各種の展示・商談会に積極的に参加し、PR活動を続けている。

 これにより多くの企業との接触が持て、新たな取引先が開拓された。

企業者の声
代表取締役社長
清水紀幸氏
 情報不足や日々の業務に追われて取引先の開拓が進まないのが現状です。機構の展示・商談会では短期間で広域的に自社製品のPRが出来、多くの企業の購買・技術担当の方と面談できたり、出展企業同士の交流が図ることができ、大変ありがたいです。

担当者の声
 商談会などに参加して販路が広がったと喜んでもらえた。当社はもとより企業同士の連携をとりあい、地元高崎、群馬の活性化につなげたいと頑張る社長・会社に、さらなる広がりのある支援をしていきたい。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 清水紀幸
住所 群馬県高崎市倉賀野町2987
電話 027-320-2880
e-mail s-metal@bay.wind.ne.jp
URL http://www8.wind.jp/s-metal
従業員 11名
業種 プレス加工
主要製品 自動車部品、産業用機械部品