HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
企業OBによる「ものづくりアドバイザー制度」を活用した製造工程の合理化支援
株式会社 スズテック 平成17年
企業概要
 当社は昭和21年創業以来、主として農業作業の自動化、省力化に取組んできた。例えば、日本人の主食である米作り。その苗作りにおける種まき作業工程の自動化を考え、関連商品の開発、商品化をすすめてきている。

 その代表的な機器として“水稲育苗用播種機セット”が挙げられる。同機セットは、育苗箱の自動供給はもとより、ミニコンによる床土入れ部への床土の供給、潅水部への真水・液肥・農薬などの同時散布を可能とし、作業の省力化を実現している。また心臓部である播種部は、当社独自のスーパーロールにより種もみを均一にむらなく播種することができる。さらに仕上がった育苗箱は自動で積み重ねるなどこれまでに開発、実用化された技術が盛り込まれている。

 また、最近の開発機器で広く利用されているものとしては“ニラ自動結束機”などがある。その他、園芸用関連機器、トラクター用作業機及び関連機器、環境関連機器など、製品群は幅広い。

 近年、安価な外国産米や中国野菜などの流入、更には国内農業従事者の減少に歯止めがかからず、国内農業の危機といわれて久しい。国内農業の健全な持続的経営のためにも、当社の事業活動に大きな期待がかけられている。
水稲関連機器
水稲育苗播種機セット
写真一覧

支援内容
 一部の農業用機器の中には、季節により生産量にムラがある製品もあるが、そのような製品は、特に生産対応力(D)が要求される。また、一部の製品の中に製造品質がやや不安定なものがあるとのことで、以上2点について、当社より支援センターへ支援要請があった。そこで製造ラインの製造力向上すなわち品質力(Q)、価格力(C)、品質力(D)それぞれの観点から支援を行うこととした。支援手段としては、大企業OBを活用した「ものづくりアドバイザー制度」を活用、内容的には作業内容分析、ラインバランス分析、製造品質安定化と作業時間短縮のための治工具化検討・導入を行い、支援期間内にそれぞれ所期の目標をクリアした。引き続き、工場全体の製造力強化に取組んでいる。

企業者の声
代表取締役
鈴木康夫氏
 今回のような公的支援策も活用しながら、「お客様に選ばれる商品の提供、お客様に信頼される会社に」を目指して、「お客様を第一に考え、開発・生産・販売のスピードアップを図る」をモットーとして、より積極的な事業活動を推進します。

担当者の声
 国内農業の健全な持続的発展が望まれることは、衆目の一致したところである。そのような意味で当社のような農業関連企業が堅実に事業を発展させて、今後とも安価で合理的な機器を提供していただくため、積極的に支援していきたい。

企業基本データ
代表 鈴木 康夫
住所 宇都宮市平出工業団地44-3
電話 028-664-1111
e-mail suzutec@js9.so-net.ne.jp
URL http://www.suzutec.co.jp
従業員 100名
業種 機械器具製造業
主要製品 水稲育苗用関連機器、園芸用関連機器、環境関連機器ほか