HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
EM(有用微生物群)を活用した「浄化槽前処理による汚水処理システム」の創業支援
有限会社 レックEM益子 平成17年
企業概要
 現在、下水道の完備していない地区に於ける家庭や小規模事業所(飲食店、ベーカリー、豆腐屋、食品加工工場等)の排水は、浄化槽によって一定レベル以下にまで浄化した後、河川放水や浸透排水するよう義務づけられているが、浄化槽の負荷が大きくなると、汚染度は悪化したまま放水され、環境悪化の元となってしまう。

 河原社長は、かねてから上述のようなケースを憂慮し、家庭や飲食店の汚水浄化に取組んできた。そしてその手段としてEM(有用微生物群)の有する有機物分解能力に着目、数々の試行錯誤を経て、遂に卓越した浄化槽前処理装置とそのシステムを開発、事業化に乗り出した。

 具体的には、既存の浄化槽の前段階に自社開発の汚水浄化前処理装置(商品名“マシコクリーン”)を設置する。そのうえで、毎日定期的にEM菌を自動注入するか、一般家庭の場合では1日あたり約200CCのEM液を流していただく。注入されたEM菌やEM液は、同装置の中に一定期間留まり、装置の中で汚水の有機物や油分を次々と分解する。その後、次段階に設置されている既存浄化槽へ送り込む。その結果、既存浄化槽は本来有している浄化機能を十分発揮できるので、排水は、驚異的レベルにまで浄化され、環境負荷を最小限に押さえ込んだ状態で放水されることになる。現在、飲食店、ベーカリー、豆腐屋や食品加工工場ではグリストラップの油脂によるスカム、汚泥、悪臭などの発生の対策に苦慮しているが、グリストラップの代わりにマシコクリーンを設置することで、汚水の有機物や油を驚異的なレベルまで分解し、浄化槽の浄化機能も低下する事がない。既存浄化槽能力の10倍以上の浄化力が発揮され、メンテナンス経費が極端に少なく、ランニングコストも低いことから大変話題になっている。

 現在、これらの装置とシステムの製造販売事業を行っているが、最近では一般家庭用はもちろんのこと、低価格で設置できるため、事業排水や畜産農家の尿処理手段として脚光を浴びてきている。
栃木県フロンティア企業認定メダル
 
浄化槽前処理装置
マシコクリーンEMK 1型
(家庭用)
写真一覧

支援内容
 EM菌(有用微生物群)を活用した汚水浄化に関し、実験を含む基本技術開発は終了してはいたものの、商品化にはほど遠く、創業者ご自身も事業化に関しての知識・経験がほとんどない状態から支援が始まった。したがってビジネスモデル策定、事業計画立案、資金調達、商品開発、製造方法開発、販路開拓等々事業化に係わる殆ど全ての事柄や、さらには法人化等に関し、専門家派遣等の支援策を活用しながら総合的にかつ一貫して支援してきた。

 以上のように、本支援事例は、事業興しから企業育成(インキュベーション)まで総合的・一貫的支援事例のひとつである。

企業者の声
代表取締役
河原弘道氏
 創業以来4年、ここまで幾多の難問にぶつかってきたが、幸い栃木県中小企業支援センターの支援を得、事業として明るい見通しができた。今後この事業を通し「環境保全に寄与し社会に貢献」を理念として、さらに力強く事業を進めたい。

担当者の声
 ビジネスモデル策定から始まり、量産設計、事業計画立案、製造方法開拓、販路開拓、法人化等、創業にかかる殆どに係わり支援してきた。幸い事業伸展の目処もつきつつあり、事業内容からして、将来楽しみな事業体である。

企業基本データ
代表 河原 弘道
住所 〒321-4106 栃木県芳賀郡益子町七井2494-1
電話 0285-72-1792
e-mail em.mashiko@ar.wakwak.com
URL
従業員 4名
業種 汚水浄化システム製造業
主要製品 浄化槽前処理装置マシコクリーン