HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
時代のニーズを見据え、更なるグローバル化をめざす
ゴンドラ工業株式会社 平成17年
企業概要
 当社は、戦後まもない昭和28年に東京都江東区で創業、スナップ製造を開始し、多くの製造特許を取得。スナップ・くるみボタンで我が国初の量産化に成功するなど、この種のボタンの大流行をもたらした。

 昭和40年に茨城県内に製造工場を新築・移転し、43年に販売部門がゴンドラ商事(株)として独立。以来、ゴンドラ・リング、シルクスナップ、バックル、各種家具用釦、ジーンズ用15mmリングスナップ、共生地ベルト、吊カン、ミラクルボタン、マグネットボタン、自動車シート用釦、ネールヘッド、ユニテープなどを次々と開発し、ファッションパーツを中心としたアパレル付属品の総合メーカーとして事業を展開している。

 創業以来のルーツ商品で主力商品のスナップは、既に国内で唯一のメーカーとして市場で独占的な地位を築いている。同社の製品は、服飾品以外にもインテリア、ホビークラフト、ペット用品、車や新幹線のETC、携帯ストラップ、ノートパソコンのケースや、NASAの宇宙服でも使用されており、時代のニーズを見据え、ファッションの領域を超えてあらゆる分野のアクセサリーパーツを製造開発している。更なるグローバル化を目指して、中国大連・香港・上海に拠点を置き、技術力・商品開発力に対する絶大な自信と、「世界中のファッショナブルな人達を最高の感性で飾ってみたい」という壮大なビジョンのもと、世界にその販路を広げており、2000年からはインターネットショッピングモール楽天市場に「kazariya」を出店して、消費者向けに小売も行っている。

支援内容
 同社が上海近辺に独資で現地法人を設立して、スナップ等アパレル付属品の生産を開始するに当たり、茨城工場の設備を中国に移す手続き、現地出向社員の給与等の取扱い、現地で製造したボタンの輸入に伴う保険付保等について、当公社の専門家(貿易アドバイザー)から数回にわたってアドバイスを行った。製造部門の中国移転後の土浦工場の活用法、新規取引先開拓についても、企業振興課から並行してアドバイスを実施した。

 また、現地の情報収集の拠点として茨城県上海事務所を紹介し、事務所を通じて、現地の工場物件情報収集や、茨城県人会のネットワーク活用について情報提供を行った。公社のネットワークを活用し、先に進出している県内の進出企業数社の経営者や、メッキの処理加工の外注先を紹介した。

企業者の声
 当社は、平成15年5月に上海へ進出し現在スナップの製造販売を行っております。当時は、中国事情もままならず同公社へ出向き中国現地の生活習慣から現地企業の設立準備、従業員の給与水準、就業規則、輸出入業務、更には現地技術者の募集・採用等についての情報収集とそれに関する数々のご指導を戴きました。お蔭様で生産活動も軌道に乗り、海外輸出と共に中国国内への販売活動も順調に推移しております。

担当者の声
 当公社では、毎月2回、国際業務に精通した貿易アドバイザーによる貿易相談を実施しておりますので、ぜひご活用ください。また、「ジェトロ(日本貿易振興機構)茨城情報デスク」を設置して、貿易・海外投資に関するご相談やお問い合わせにお答えし、貿易実務や関心の高い中国をはじめとする海外のビジネス環境をご紹介するセミナー等を開催しております。

企業基本データ
代表 片山 進司
住所 本社:東京都中央区東日本橋1-9-7
茨城工場:新治郡新治村下坂田2051
電話 本社:03-3864-4740
茨城工場:029-822-4307
e-mail welcome@gondola.co.jp
URL http://www.gondola.co.jp/
従業員 35名(2005年4月8日現在)
業種 製造業(針・ピン・ホック・スナップ製造)
主要製品 スナップ、くるみ釦、服飾部品