HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
設備資金貸付制度を利用した大型設備投資で安定受注を確保
株式会社栄製作所 平成17年
企業概要
 当社は、自動車・工作機械の販売を営んでいた現社長が昭和36年9月に創業した、一般機械器具製造業者である。ものづくりに興味を持ち、工作機械を取り扱っていた知識を生かし、堅実な企業をつくる強い信念と熱意のもとで経営努力を続けている。

 創業当初は一般的な機械加工業者であったが、現在は大型機械による加工に特化することにより、厳しい景況の中で他社との差別化を図っている。小規模企業者では県内でも数社しか保有していないような大型の設備を数台保有しており、これらを確かな機械加工技術で駆使し、特に多面加工を得意としている。

 現在、製缶から大物機械加工および小物の精密部品加工・研磨までを一貫して行なっている。また、加工品として、半導体部品・測定器部品およびロボット部品を、小ロットから高品質をモットーに生産している。

 取引先からは充実した設備力・技術力をもとに高く信頼され、大手企業数社との取引もあり、受注増に対応する大型加工設備を導入したことで、生産性・収益性の向上が期待される。
工場内
写真一覧

支援内容
 これまで、設備資金貸付制度および設備貸与制度により、何度も設備導入の支援を行なってきた。平成16年度には、受注増加に対応するための大型設備を導入する際に、設備資金貸付制度を活用した。

 当社の導入する設備は大型のため設備資金需要が大きく、当該制度は設備導入資金の2分の1以内の貸付であるが無利子であることから金利負担を減らすことができ、当社が要望した円滑な設備導入を可能とした。

企業者の声
 弊社は、大型設備による加工を得意としているため設備投資が大きな負担となっているが、無利子の設備資金貸付制度を利用することで、円滑な資金調達と金利負担軽減をすることができ、今後も利用していきたい。

担当者の声
 制度を利用して導入された設備を有効活用していただき、今後更なる成長をしていただきたい。

 当社のように制度を有効に利用して設備導入することで、経営の安定を図る企業を支援していきたいと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 高橋幸二
住所 茨城県筑西市市野辺216-2
電話 0296-24-7101
e-mail
URL
従業員 25名
業種 一般機械器具製造業
主要製品 大型五面加工、精密機械加工