HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
厨房機器のリサイクル事業で全国展開をめざす
株式会社茶木エンジニアリング 平成17年
企業概要
 (株)茶木エンジニアリングは、長年培ってきた機械技術により業務用厨房機器のリサイクル事業を手がける企業である。同社では、従来より厨房の“水回り商品”を製造するとともに、独自の製品開発を進めていった。開発したオリジナルの小型自動串焼き機『本格職人』では、無煙・無臭で均一に焼き上げ、遠赤外線効果で省電力という独自の製品開発力が評価され、順調に販売台数を伸ばすまでの実力を備えてきた。また、販売先のユーザーから「厨房機器の修理や処分もできないか?」という問合せが年々増えてきたことから、代表取締役の茶木哲夫氏は「厨房機器を回収し、完全に点検修理をして再生したうえで販売したい」と決意し、独自のリサイクル事業を立ち上げた。

 同社では、従来ならば廃棄するしかなかった厨房機器を再生し、いわば“生き物”にするため、再生品を購入する事業者は店舗開業の初期費用を押さえることができる。また引き取りの際に処理費の負担が押さえられるため、社会問題化している不法投棄の防止にもなると同氏は考えている。さらに中古品の引取先があることが新製品の市場を活性化させ、商品サイクルを円滑にするという効果が生まれ、リース会社やメーカーからも歓迎されている。

 地球環境に優しく、ユーザーやメーカーにも喜ばれるこの事業は、引取製品の置き場所を確保する必要性などから、地方型の仕事だと同氏は考えている。この考えに賛同する同業者を増やし、リサイクル店舗にも販売情報を発信して協力体制を構築させ、全国各地にリサイクル工場の受け皿とネットワークをつくるのが同氏の夢だという。現在、郡山市に新工場の建設を予定しており、その可能性はますます広がるばかりだ。
機械技術者によるフライヤー修理作業
 
クリーニング・メンテナンス
(がんこな汚れのフライヤーも、新品同様に)

支援内容
 平成17年2月にビッグパレットふくしま(福島市郡山市)で開催されたベンチャーマーケットでプレゼンテーション及び展示を行い、平成17年度にはセンター情報誌「ふくしまビジネスサポート(5月号)」で企業紹介記事を掲載した。また、平成17年度事業可能性評価委員会において評価(ビジネスプラン部門・最優秀賞)され、エンジェル助成の対象となった。

企業者の声
代表取締役
茶木哲夫氏
 支援にあたり、自社プランを発表する機会を得たことで、ビジネスチャンスが広がりました。また、厳しい審査のうえで支援が決定されたことが新聞報道され、それが企業の信頼性を広げることにもつながりました。

担当者の声
 ともすれば、そのまま廃棄されがちな厨房機器類を再生する事業であり、資源・環境保護の観点から優れた着想であると考えている。

企業基本データ
代表 代表取締役 茶木哲夫
住所 福島県喜多方市豊川町高堂太字堂畑1319
電話 0241-22-6371(代)
e-mail info@chaki-eg.com
URL http://www.chaki-eg.com
従業員 30名
業種 製造業
主要製品 ・遠赤外線グリル等の製造販売
・業務用厨房機器リサイクル業
・一般精密加工部品溶接・組立
・各種洗浄機の開発と製造
・工業食品業界の特殊生産設備開発

提携に関する情報
 業務用厨房機器リサイクル事業に関し、全国各地にリサイクル工場のネットワークを構築することが目標。業界全体の底上げを図るためにも、全国の同業者との連携を望んでいる。