HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
セラミックによる根本からの環境改善を研究開発
株式会社 アースエレメント 平成17年
企業概要
 当社はセラミックを触媒とした環境浄化を図る事業を積極的に手がける研究開発型企業である。

 代表取締役の山口謙太郎氏は、燃料処理用に焼成したセラミックの利用によって排出するCO値をゼロにし、黒煙を減らす新発想の自動車用活性化燃料『アースエナジー』の開発を皮切りに、自然の浄化作用を利用した『水質改善型セラミック』の開発など、自然環境対策に精力的に取り組んできた。

 そして、現在力を入れているのが、地元の酒造会社との提携で作ったミネラルウォーター『喜多方名水「空」(Kuh)』だ。

 競合他社との差別化を図るために、山口氏は「セラミックを使って、地元・喜多方の水のおいしさを最大限に引き出せないか」と考えた。

 水はその成分に炭酸カルシウムや炭酸マグネシウムなどが残っていると、のどやお腹に残る。そこで、これをセラミックを使ってろ過し、マグネシウムイオンやカルシウムイオンの状態にすることによって“お腹にたまらない、いくらでも飲めるおいしい水”を実現した。

 そのなめらかな舌触りと溶け込むようなのど越しが評判となっている。山口氏はいま、この商品の付加価値を高める方向性を模索しており、都内のデパート等をはじめ販路拡大を図れる提携先を探している。

 さらに、当社では現在、会津美里町・流紋焼と提携し、住宅用のセラミックタイルを開発している。

 これは同社のセラミックを配合したタイルで、その特性を活かして匂いや湿気の除去および室内の空気清浄、浴室の水質改善などを目的としたものである。

 こちらの製品もハウスメーカーなどと手を携えて販路を求めたいと考えており、セラミックの可能性は当社によってますます広がっていくことだろう。
自動車活性化燃料
「アースエナジー」と「空」
写真一覧

支援内容
 平成15年度事業可能性評価委員会においてエンジェル助成が決定(新規創造部門)した。

 また、平成16年度にはセンター情報誌「ふくしまビジネスサポート(9月号)」で企業を紹介した。

 さらに、平成17年2月にビッグパレットふくしま(福島県郡山市)で開催されたベンチャーマーケットではプレゼンテーション・展示を行い、販路拡大等の支援を行った。

企業者の声
代表取締役
山口謙太郎氏
 我が社がどういう方向を目指すべきか、商品の付加価値を高めるにはどうすればいいか・・・様々な点についてアドバイスをいただいたことが参考になりました。

 また、様々な調査にあたって、公的機関を通したことでスムーズに事が運びました。

担当者の声
 喜多方は、元来飯豊山の伏流水による良質な水資源に恵まれた地域であるが、セラミックの応用によりさらに磨きをかけた水が、昨今の「おいしい水」ブームにうまく乗ることを期待したい。

企業基本データ
代表 代表取締役 山口謙太郎
住所 福島県喜多方市清水台二丁目72
電話 0241-23-2883
e-mail eelement@aizucity.com
URL http://www.wanokurashi.com/eelement/
従業員 4名
業種 製造業
主要製品 ・活性化燃料(アースエナジー)
・水質浄化用セラミック
・ミネラルウォーター

提携に関する情報
 付加価値の高いミネラルウォーターの販売にあたり、都内デパート等の販路拡大を図っている。