HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
アットホームなオーナーシェフ・レストランを地元で開業
ダイニング ヘリアン 平成17年
企業概要
 創業者は、元々首都圏の複数の著名なホテルで腕を磨いた料理人で、山形に帰郷後、地元のレストランでシェフとして従事していた。

 平成15年から、山形市内においてオーナーシェフとしてレストランを創業する構想を持ち、徐々に準備を進めてきた。

 そして、翌16年10月、「街の洋食屋」を目指し、“リーズナブル価格&アットホーム”をコンセプトとする西洋料理店をオープンした。

 現在、曜日によって来客数にばらつきは若干あるものの、平均して採算ベースの売上を確保できている段階である。

 目下、更なる固定客獲得拡大を目指してホームページの開設を検討するなど、安定成長に向けた取り組みを進めている。
店舗

支援内容
 平成16年5月の新事業に係る相談に始まり、初期の構想段階からオープンまで、創業資金(約500万円)を中心として、一貫して起業支援を実施した。

 特に、立地(山形大学小白川キャンパスの近隣)をふまえた顧客マーケットに対応した、比較的安価なメニューやワインリストの内容まで踏み込んだ、具体的なビジネスモデルの構築を指導した。

 開業後は、固定客の獲得のためのPR展開や、月毎の収支の概要をフォローするなど、定期的訪問による店舗運営指導にも継続して注力中である。

企業者の声
オーナーシェフ
松田晴夫氏
 何から何までお世話になりました。当初、新事業支援センターがこんなところまで実行していただけるとは知らずに訪問しました。いつもこんな事まで相談して良いのかとの自問  自答でしたが、プライベートな事まで相談に乗っていただき本当に助かりました。

担当者の声
山形県新事業支援センター
サブマネージャー
庄司孝一氏
 創業者は、何も知らない状態からの出発でしたが、「次回までにここまで検討しましょう!」の宿題を、非常に地道にこつこつ積み上げた結果が、約半年以内の異常な短期間でのフレンチ・レストラン開業まで漕ぎ着けた成果と考えます。

 今後も、微に入り細に入り支援の方針です。特に顧客のリピーター化に注目し、定期的な顧客としての訪問を介してメニューのブラッシュアップを実施しています。

企業基本データ
代表 松田晴夫
住所 山形県山形市小白川町1-5-31
電話 023-622-9095
e-mail
URL
従業員 2名
業種 飲食サービス業
主要製品 西洋料理店