HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
働きやすい職場での「少数精鋭主義」で高品質な製品づくりを追求
株式会社カミテ 平成17年
企業概要
 昭和63年2月ソニー(株)、十和田オーディオ(株)、小坂町の勧誘により、東京都にある関連会社が県誘致企業として設立した東京都の上手製作所の関連会社。経営理念に「少数精鋭主義」と「社員と会社双方の発展と幸福の追求」を掲げ、プレス金型の設計およびプレス加工を中心に、家電製品、OA機器、医療機器等の金属部品を製作している。

 従業員構成は男14名・女16名であり、男女を問わずOJT等による従業員教育や定期的なジョブ・ローテーションを行ない、全員を多能工として育成し活用している。この多能工の育成は個々人のスキルアップとモラルアップにつながり、全社あげての取り組みにより平成13年にISO9001(品質マネジメント規格)とISO14001(環境マネジメント規格)を同時に取得することができた。

 創業以来、「お客さまの成長発展に貢献できる品質を追及すること」を指針として製品の高品質化を追求しており、既に平成8年に携帯電話部品の年間2400万個不良ゼロを達成している。現在、金属プレス加工製品100万個当り、わずか26個という不良率の低さが当社の強みとなっている。

 同時に、働きやすい職場づくりにも力を入れ、事業所内託児所の設置や各種休暇制度の導入を行なっており、平成13年には、仕事と家庭との両立に柔軟な制度対応をしている企業に与えられるファミリー・フレンドリー表彰(厚生労働大臣努力賞)を受賞している。
加工作業風景
 
プレス加工製品

支援内容
 取引先メーカーが安い労働力を求めて海外に工場進出し、現地の技術力も向上したことに伴い、一時売上げが落ち込んだが、平成16年度に「機械類貸与制度」(秋田県単独・リース)を活用し、新鋭研削加工装置を導入した。これを契機に、製品の寸法交差が+−0.2〜0.1mmから+−0.05〜0.03mmまで小さくなるなど、従来より格段に製品の精度が高まり、コスト削減、売上拡大、収益力向上に寄与した。

 海外の人件費高騰を背景に、メーカーの海外進出にも減速の動きが出てきている中で、当社は国内指向と利益重視に力を入れていく方針で、今後も国内受注の堅実な推移が見込まれ、そうした動向をサポートしていく。

企業者の声
代表取締役社長
上手康弘氏
 近年、メーカーが取引先企業の信用度を見るうえで、財務内容、とりわけ自己資本比率、借入金依存度に厳しくこだわるようになってきている。そういった意味からも、設備投資をする際、金融機関からの融資ではなく企業活性化センターのリース制度を活用することには非常にメリットがある。また、以前に比べると申請書等もホームページからダウンロードできるうえ、手続き等もメールでやりとりできるので、対応も迅速になった。今後もぜひ利用していきたいお奨めの制度です。

担当者の声
 当社は一時、海外に出るか国内にとどまるかの選択を迫られたが、海外でつくれない高品質な製品をつくり、国内で勝負すると決意し、百万個に千個だった不良率を改善するなど積極的に高品質化に取り組んでいる。

 メーカーの品質に対する要望が厳しくなる中で、これからも多能工の育成や働きやすい職場づくりを充実させて、取引先の要求に応えられるよう、社員の皆さんが一丸となって高品質な製品づくりを追求していっていただきたい。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 上手康弘
住所 秋田県鹿角郡小坂町荒谷字三ツ森62-1
電話 0186-29-2611
e-mail kamite@ink.or.jp
URL http://www.ink.or.jp/~kamite/
従業員 30名
業種 通信機械器具製造業
主要製品 プレス金型設計・製作およびプレス加工