HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
支援センターのインキュベート事業を活用して発芽玄米を使った「ぽん焼きせんべい」で起業!
有限会社ゆい農園 平成17年
企業概要
 発芽玄米は玄米を0.5から1mmほど発芽させたもので、アミノ酸やタンパク質、ミネラル、食物繊維なども豊富で、玄米を超える玄米といわれており、健康に関心のある人から高い評価を受けています。これを手軽に食べてもらいたいという強い思いから事業化に乗り出し、ぽん焼きせんべいの形で売り出すことにしました。産直販売所や観光施設を中心に販売を行っています。

 最近では新たな販売先として県立中央病院や大学病院、その他の大手の病院の売店でも扱ってもらえるようになり、売り上げが伸びています。健康によく体に優しいおやつということで、健康志向のお客様に受け入れられています。

 現在は、まだ設備に多少余裕があるため、さらに販路を拡大したり、新しい商品を加えたりして生産量を増やすことを目標にしています。出来るだけ多くのお客様に受け入れていただき、「食」の大切さを考えてもらえればと思っています。
ゆい農園全景
 
「ありがとうせんべい」

支援内容
 当センターの事業として実施した「ビジネスインキュベートあおもり2003」において高い評価が得られ入選となり、当面の事業資金として300万円を助成しました。その後も当センターのプロジェクトマネージャーが継続的に経営相談や販路拡大を支援しています。

 また、ぽん焼きせんべいの製造設備の導入に当たっては、当センターのリース制度を活用していただいています。リース期間中は経営相談を兼ねて企業訪問を行っています。

企業者の声
代表取締役社長
小野敬子氏
 支援センターの「ビジネスインキュベートあおもり2003」で入選し、300万円の助成金をいただいたのが全ての始まりでした。これがなければ事業を始めることはなかったと思います。その後も設備の導入や販路開拓などでお世話になっています。

担当者の声
(財)21あおもり産業総合支援センター
プロジェクトマネージャー
山口紀久氏
 お客さんは、商品そのものにはもちろんですが、その商品の背景にある経営者の理念やロマンにも共鳴するところを求めています。我々もせんべいに込められた小野さんの思いに共鳴して、製造や販路開拓の支援を始めることになりました。今後は、この商品をもっと普及させるために、市場拡大への支援を続けていこうとしているところです。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 小野敬子
住所 青森県南津軽郡平賀町大字尾崎字木戸口115-2
電話 0172-44-4088
e-mail onokeiko@theia.ocn.ne.jp
URL http://www.ahslove.co.jp/yuifarm/
従業員 1名
業種 食料品製造業
主要製品 玄米を原料にしたせんべい