HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
多彩なコンテンツを強みに、携帯電話向けのWebサイトを事業展開
株式会社メディア・マジック 平成17年
企業概要
 当社は、携帯電話を使ったアニメキャラクターの画像配信サービス「エヴァ&アニメ@GAINAX」を運営している企業である。月200円〜300円で、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の待ち受け画面、着信メロディー、ゲームなどが楽しめるサービスで、2001年(平成13年)のサイトオープン以来順調に会員数を伸ばし、現在5万人余が登録している。ユーザーの「目移り」の激しいコンテンツ配信サービスで人気を保ち続けるのはたやすいことではない。里見社長は「常に変化のあるコンテンツを考え、新しいものを提供し続けることが重要」と力を込める。

 1996年(平成8年)設立当初は、パソコン向けのゲームなどを手がけていたが、CD-ROMによるパソコンソフトの販売は、やがてインターネットによるソフト流通によって苦戦を余儀なくされた。そこで業務の主軸を携帯電話向けのコンテンツ開発に転換し、以来業績を順調に伸ばしてきた。現在は、企業向けに、これまでのノウハウを活かして、携帯コンテンツサイトの制作・運用を一貫してサポートする「モバイルコンテンツ事業」も展開している。

 社長は前職ではマルチメディアソフトの開発などを担当。開発したソフトは数々の賞に輝き、道内有数のクリエーターとして知られてきた。今後は国内のみならず世界規模での事業展開を視野に入れている。「これからも知的好奇心を満たすものを仕事にしていきたい。当社が元気にやっていくことが、北海道の経済に少しでもプラスになれば本望」と意欲をみせる。
ケータイスタジオ
イメージ図
拡大図

支援内容
 2003年(平成15年)に「ケータイスタジオ(携帯電話向けのWebサイト簡易作成ツール)」の研究開発にあたり開発費を助成、翌2004年(同16年)に中小企業経営革新支援法にもとづく経営革新事業計画として承認され、この成果をうけて事業化するにあたりセンター独自資金により投融資を実施した。

 また、販路開拓促進のためにプレゼンテーションの機会を提供すると共に、中小企業総合展への出展補助を行なうなど、集中的な支援を推進した。その後も株主の一員として助言指導を継続して行なっている。

企業者の声
代表取締役
里見 英樹氏
 数度のプレゼンテーション、ヒアリングを通じて会社の目指すべき方向性がより明確になり、経営革新事業として採択を受けたご支援により、個性的な技術を持つ企業にステップアップすることができました。

 また、それに伴い財務面で月次の業績管理体制を強化するなど、バランスの良い経営基盤を実現しつつあります。

担当者の声
 新商品開発にあたっての研究から事業化、さらには販売促進までを、多岐にわたる制度で集中的に支援するお手伝いができたと考えています。

 このように各段階に合わせた支援策がありますので、ご相談ください。

企業基本データ
代表 代表取締役 里見英樹
住所 北海道札幌市豊平区平岸2条6丁目1-14
電話 011-837-5110
e-mail info@mediamagic.co.jp
URL http://www.mediamagic.co.jp/
従業員 20名
業種 情報サービス業
主要製品 携帯電話公式サイト企画・製作・運営

提携に関する情報
 ユニークなキャラクターやコンテンツをNTTドコモ、AU、Vodafoneなどの携帯公式サイトとして全国向けに展開しませんか?レベニューシェア(貢献度による利益分配)形式で公式サイトを弊社と一緒に開発しましょう。