HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
確かな技術とともに、未来へ
株式会社アットマークテクノ 平成17年
企業概要
 アットマークテクノはLinuxをベースとしたソフトウェア及びハードウェアの開発を得意とする企業である。

 代表者の実吉氏は北見工業大学を卒業後25歳で独立、以後一貫して情報家電分野の技術開発に取り組んできた。

 現在の主要業務はLinux対応の組込み機器の開発として、各種CPUボードの設計等のハードウェア開発やシステムアプリケーション等のソフトウェア開発を行なっている。

 これら開発商品の中で、ネットワーク端末の「アルマジロ」はフロッピーディスクサイズの小型コンピュータとして安定性・信頼性の高さから、大型マンション内に設置されているネットワーク網を経由して水道メーターや灯油メーターの検針システムに利用されるなど、遠隔計測器やネットワークオーディオ等様々な活用が期待されている。

 この他に「アルマジロ」をより小型化し必要最小限の機能を搭載したビジネスカードサイズのネットワーク端末「アルマジロJ」や、ユーザーが自由に拡張できるFPGAを搭載した次世代組込みソリューション「SUZAKU」他ネットワーク関連商品の開発など卓越した開発能力・技術を有する注目企業である。
「アルマジロー9」
写真一覧

支援内容
 平成13年に、Bluetoothプロトコルスタックの事業化にあたり相談を受け、新規性並びに実用性が高く評価されたことから投資(増資株式引受け)を実行し商品開発を支援した。

 さらに翌年にはLinux対応CPUボードの事業化にあたり当支援センター独自事業による支援(融資)を行い、商品化された「アルマジロ」の発表のためにプレゼンテーションの場を提供すると共に東京での展示会への出展支援を行い、販売促進及び事業提携への支援を行なった。

 その後も財務診断(コンピュータ簡易診断)や更なる研究開発に対する助成を行なっている。

企業者の声
 開発型ベンチャーである当社の商品に対する熱い思いを深く理解していただき、支援してくださいました。おかげさまで事業も順調に拡大しており、まことに感謝しております。

 今後ともご期待に沿えるよう邁進してまいりますので、ご指導のほどお願い申し上げます。

担当者の声
 当社の情報家電に特化した商品開発は時代のニーズを捉らえたものであり、早期事業化のお手伝いができたと考えています。このように事業化から販売促進など各段階に合わせた支援策がありますのでご相談ください。

企業基本データ
代表 代表取締役 実吉智裕
住所 北海道札幌市中央区北5条東2丁目 AFTビル
電話 011-207-6550
e-mail info@atmark-techno.com
URL http://www.atmark-techno.com/
従業員 15名
業種 システムハウス業
主要製品 コンピュータ組み込み機器のハードウェア、ソフトウェアの企画・設計・開発・製造