HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
環境に優しい「カプセル式撒き餌」を開発、ターゲットは世界中の太公望
株式会社 フォスター 平成16年
企業概要
 平成15年8月に法人としてスタートした新しい企業である。実際は4年前(平成12年)から今回の商品開発に着手しており、2年前(平成14年)にカプセルの主原料を提供する岡山県の(株)林原生物化学研究所との間で共同研究開発の契約を締結し、本格的な商品開発がスタートした。これを機に開発は着々と進み、平成17年1月末に開催される国際フィッシングショーでプレス発表するところまで来た。

 現在、国内の釣り人口は約1500万人から2000万人程度と言われているが、ここ数十年間、撒き餌に関しては旧スタイルの物が多かった。中でも撒き餌の大量投棄が改善されず環境破壊が加速され、水野社長はそのことに長年疑問を抱き続けてきた。

 今回当社が開発した商品は、環境に優しい「カプセル式撒き餌」である。その大きな特徴は、(1)海水中で速やかに溶解するカプセルであり、(2)海底中に沈殿した汚泥を分解する撒き餌であること。ユーザー側の利点として、仕掛けに装着させるため、狙った魚の生息域(タナ)にピンポイントで撒き餌を散布することが可能となり、集魚力、釣果を確実に向上させる。使用量も少量で可能となり、使い回しができるため、撒き餌の大量投棄が改善され、臭いも少なく、手軽に使える商品である。

 今後、この商品を全国的に普及させるとともに、環境問題に厳しい全米での販売も計画しており、世界中の釣り愛好家に使用してもらえる商品づくりを目指している。
カプセル式撒き餌のパッケージ
その他の写真一覧

支援内容
 本件の商品開発にあたり、次のような支援を行なった。

 (1)事業可能性評価委員会への評価申請(事業評価により民間金融機関から資金融資を得られた)
 (2)熊本県インキュベーション施設への入居
 (3)資材調達に関する企業紹介・マッチング(資材調達が安価でできるようになった)
 (4)経営資源の不足を補完し、企業同志が連携して事業展開をはかるための補助金申請
 (5)福岡県のベンチャーマーケットでの発表

企業者の声
代表取締役
水野 昌輝氏
 本格的開発に着手した当時、資金の面、製造面でアドバイスや企業間の橋渡しをしていただき大変助かりました。また、インキュベーション施設にも入居することができ、対外的信用度が増したことも大きく、その後の活動がスムーズに行なえました。

担当者の声
 資金調達においては、実績のない状態での融資ということで、たいへん感謝されました。また、資材調達に関しては、何度となく先方企業に同行訪問しました。

企業基本データ
代表 代表取締役 水野昌輝
住所 熊本県菊池郡泗水町大字吉富210−29 株式会社サンワハイテック内
電話 0968-26-6105
e-mail m2foster@crest.ocn.ne.jp
URL
従業員 3名
業種 釣り用品開発製造業
主要製品 カプセル式撒き餌