HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
院内感染を予防する新清掃資材「ウイングモップ」を開発
株式会社 ウィング 平成16年
企業概要
 もともとは総合ビル管理の会社だが、清掃資材製造販売をはじめた。現在、院内感染の予防に有効な新製品「ウイングモップ」の拡販に取り組んでいる。

 「ウィングモップ」は、多孔質の再生セルロース製「特殊スポンジモップ」により、塵埃が飛散せず、残留細菌が少なく、院内感染を予防する清掃能力がある。併用する「特殊絞り機」はコンパクトで、モップは手を濡らさず、軽い力で絞ることができる。病院、老人ホーム、学校、保育所、ホテル、体育館、事務所等の清掃を、従来では、箒で掃き、ダストモップで拭き、さらに仕上げモップで拭く、3工程を要したが、「ウィングモップで拭く」の1工程だけで完了できる。

 「ウイングモップ」の開発は、病院清掃業務を請負中にスポンジモップに着目し、長崎大学医学部附属病院市川正孝教授と共同で研究発表(「医薬ジャーナル」)し、その後、長崎大学工学部川添強教授、森高秀四郎氏並びに長崎県産業振興財団杉岡PMの参加を得て製品化し、長崎大学先導生命科学研究支援センターにおいて微生物学的に検証し、スポンジモップの有用性が証明され、2003年に完成した。目下、国内4特許出願中 国際4特許申請中である。
カタログ絞り  039_new
その他の写真一覧

支援内容
2000年新製品開発指導を開始(7月)、商品イメージを創るところからスタート
2001年福岡ベンチャーマーケット参加を案内、融資・販路・エンドユーザーの状況を確認
長崎県中小企業経営革新支援認定、経営革新事業補助金320万円交付
テクノインストラクター無料派遣により、特許出願・設計・図面管理・販売等につきアドバイス
2003年長崎市中小企業技術開発事業補助金180万円を紹介し、動画で掃除の工程を説明するホームページを作り販売に利用

企業者の声
代表取締役
嶽本 剛平氏
 医学部で、従来より除塵効率が高い効果を検証された、高性能新型清掃資材を完成できましたのも、数々のご支援によるものと感謝しており、今後も本県の充実した支援体制を有効に利用させていただこうと思っています。

 支援センターの事業内容が、もっと多くの方に情報として伝わることを期待しております。

担当者の声
プロジェクトマネージャー
杉岡 修次氏
 商品の共同発案の早い段階から支援しはじめ、オンリーワン製品を生み出した稀なケース。社長の素直なところが、まわりを総動員する支援を引き出している。

 これまで製造の経験のない企業が、経営革新で製造を始めるについては、かなり時間を要したが、忍耐強く付き合ってきた。

 院内感染対策用清掃具にとどまらず、次機種として、一般家庭用を商品化し、主婦が手を濡らさず雑巾がけできるようになる掃除の革命を楽しみにしている。

企業基本データ
代表 代表取締役 嶽本剛平
住所 長崎県長崎市家野町4番14号
電話 095-847-0621
e-mail wingmop@cronos.ocn.ne.jp
URL http://www.wingmop.com
従業員 46名
業種 総合ビル管理業・清掃資材製造販売業
主要製品 院内感染対策用清掃資材 

提携に関する情報