HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
ガラス廃材を再利用したミラクルソル工法を開発、全国の土木分野に展開
日本建設技術 株式会社 平成16年
企業概要
 当社は、昭和28月に地質調査業者として創業、建設関連の測量、建設コンサルタント、補償コンサルタントの拡充を図ると共に、土木工事、法面保護工事、斜面安定工事、地盤改良工事等への進出を図ってきた。また、ASS工法、SHS工法等の新工法を導入するほか、ミラクルソル工法と名付けた新工法を開発し、その全国的普及に注力している。

 このミラクルソル工法では、ガラス廃材やワンウェイガラスビン等の廃ガラス材を再利用した発泡廃ガラス材ミラクルソル(多孔質間隙構造をもち、軽量かつ強固な特性があり、吸水・非吸水の調節が可能な新素材)を使用する。容器包装廃棄物の再資源化を目的として、土木分野等に有効利用するための新技術・新工法であり、軽量盛土、岩盤緑化、屋上緑化や水質浄化など、環境土木や環境緑化への活用を推進している。

 また、(独)生研機構による地域コンソーシアム「有明海の底質改善」や(独)科学技術振興機構「表面をゼオライト化した高機能性発泡ガラス製造」(財)建設業振興基金「発泡廃ガラスを用いた水質浄化システムの開発と事業」等の研究開発も進んでいる。

 当社ではISO(品質・環境)認証を取得しており、品質方針「信頼・技術・行動」、環境方針「研究開発・再資源化・再利用」を順守し、顧客満足度の向上を目指して地域経済に貢献できるよう日々業務を遂行している。
ミラクルソル
その他の写真一覧

支援内容
 1.「佐賀県ベンチャー交流ネットワーク」参加(平成15年9月入会)
  佐賀県ベンチャー交流ネットワークに入会、事業提携・情報交換等の場を提供した。

 2.「佐賀県トライアル発注」申請(平成15年9月、平成16年7月・10月採択)
  佐賀県トライアル発注製品として、ミラクルボール緑化工法、ミラクルボードソイドストップ工法、および、ミラクルソルを用いた水質浄化システムの申請について助言等を行なった。

 3.「事業可能性評価委員会」上程(平成16年1月A評価)
  事業可能性評価委員会に上程、ビジネスプラン作成支援およびプレゼンテーション助言を行なった。A評価認定となり、マスコミ発表、支援策の紹介、斡旋などを行なった。

 4.「事業化可能性マーケティング調査」申請(平成16年9月採択)
  前項A評価企業等を対象とした事業化可能性マーケティング調査事業に採択(テーマ:FWG屋上緑化工法の市場調査)、ユーザー等の市場調査を行なった。

 5.「ミラクルソル新製造工場建設計画」策定
  ミラクルソルを活用した事業のさらなる推進を図るためのミラクルソル新製造工場建設計画について、資金面等での助言等を行なった。

企業者の声
代表取締役社長
原 裕氏
 当社が開発した発泡廃ガラス「ミラクルソル」とゼオライト化発泡廃ガラス「ゼオライト化ミラクルソル」を使用した新技術・新工法の販路開拓、拡大のために、マスコミ発表、各種支援策の紹介、FWG屋上緑化工法の市場調査、資金調達のアドバイスなど、色々と親身になってお世話いただき感謝しています。

担当者の声
サブマネージャー
吉原 定義氏
 原社長が自ら開発した「ミラクルソル」は、地球温暖化を防ぐ画期的な素材として、大きな可能性を秘めています。

 当社も不退転の覚悟で当事業を推進しようとしており、このような大事業の支援ができることには、大きなやりがいを感じております。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 原 裕
住所 佐賀県唐津市北波多字徳須恵1417番地1
電話 0955-64-2525
e-mail info@nkg-net.co.jp
URL http://www.nkg-net.co.jp
従業員 101名
業種 建設業・建設コンサルタント
主要製品 ミラクルソル(発泡廃ガラス材)、ASS工法(斜面安定工法)、ミラクルボール緑化工法(特許工法)、ミラクルボードソイルストップ工法(特許工法)、FWG軽量盛土工法(特許工法)