HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
化粧品の分析から入出庫までの一貫システムを確立、最新理化学成分分析の総合事業を目指す
株式会社 ブルーム 平成16年
企業概要
 当社は、平成3年10月に設立され、海外化粧品の輸入等を行ってきた。企業理念として、「常に消費者の視点に立ち、より安全で確実な商品を提供していくために、迅速な情報収集と高い分析技術を用いて企業責任を果たす」ことを掲げている。現在では米国CTFA(米国化粧品工業会)のアクティブ・メンバーにも加入し、高次元レベルの受注体制を目指している。

 平成13年4月からの「薬事法改正」により、海外から輸入される化粧品・香水は、業者の自己責任のもと、「全成分表示」を行うことで、比較的自由な輸入販売が可能となった。そこで、他社に真似できない十分な化粧品成分分析を行うために自社分析室を開設、その後の事業拡大に伴い物流拠点を福岡市と唐津市に委託設立し、商品の入庫から品質分析を経て出荷するまでの一貫したトータルシステムを構築した。また、平成16年1月には、「厚生労働省令適格試験検査機関」(指定番号第107号)の認定を受け、他社からの分析依頼受注も可能となっている。厚生労働省認定登録企業として国内外の化粧品・香水の成分分析を行い、「薬事法」に準拠する輸入・流通が可能かを適切・円滑に判断し、十分なアドバイスをすることができる。

 今後は、株式上場も目標としているが、医薬品等の分析に止まらず、水質や土壌、食品など環境部門全体にわたる「総合試験検査機関」を視野に入れている。
分析室 輸入許可業者で唯一分析室をもっています
その他の写真一覧

支援内容
 1.「経営革新計画」申請(平成15年3月承認)
   経営革新支援法の経営革新計画承認申請(テーマ:消費者の安全性の確保)への助言等を行なった。

 2.「佐賀県ベンチャー交流ネットワーク」参加(平成15年5月入会)
   佐賀県ベンチャー交流ネットワークに入会、事業提携・情報交換等の場を提供した。 

 3.「薬事法施行規則に基づく試験検査機関」申請(平成15年6月分析業務責任者雇用)
   厚生労働省の薬事法施行規則に基づく試験検査機関指定に不可欠となる分析業務責任者の雇用支援などを行なった。

 4.「事業可能性評価委員会」上程(平成15年7月A評価)
   事業可能性評価委員会に上程、ビジネスプラン作成支援およびプレゼンテーション助言を行なった。また、A評価決定後、マスコミ発表、支援策の紹介、斡旋などを行なった。

 5.「事業化可能性マーケティング調査」申請(平成15年10月採択)
   前項A評価企業等を対象とした事業化可能性マーケティング調査事業に採択(テーマ:輸入化粧品の成分分析および品質保証・管理業)、ユーザー等の市場調査を行なった。

 6.「佐賀県産業ビジネス大賞」エントリー(平成16年2月経営革新部門「優秀賞」受賞)
   佐賀県ビジネス大賞を紹介、優秀賞受賞につながり、広く広報された。

企業者の声
代表取締役
山 信二氏
 事業可能性評価委員会→A評価、佐賀県産業ビジネス大賞→優秀賞受賞等、支援センターのお陰で、当社の事業の認知度および事業展開の進捗度は格段に向上致しました。これからも様々なご支援・ご指導を賜りたいと思います。

担当者の声
サブマネージャー
吉原 定義氏
 保守的なマインドを持つ人が多い県内の経営者の中で、山侮ミ長のベンチャースピリットは群を抜いており、研究開発型企業で組織する「佐賀県ベンチャー交流ネットワーク」会員企業100社の指導的存在として、先陣を切ってIPO(新規株式公開)を実現してくれるものと大いに期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 山武M二
住所 佐賀県唐津市鏡4751−2
電話 0955-77-3701
e-mail bloom@po.saganet.ne.jp
URL http://www.bloom-jp.com/
従業員 15名
業種 海外化粧品輸入および品質管理業務
主要製品 海外化粧品輸入・販売、化粧品成分分析・保証