HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
心理学の成果を応用した人材コンサルティング事業の法人化
有限会社 心理エデュケーションシステム(九州心理カウンセリング学院) 平成16年
企業概要
 当社は、当初個人事業としてスクールを開設したが、スクール以外に企業から各種コンサルティング業務を受託するケースが増え、事業の拡大と雇用の増大が期待できるようになってきた。そこで、この事業を法人化し、本格的に取り組むことになった。

 激変する経営環境の中で、企業にとっては人的資源の活性化・効率化・適正配置が最重要課題となっている。法人成りを果たした当社は、企業から直接コンサルティング業務等を受託し、これまでの研究結果をもとにした人材アセスメント支援システムを活用して、企業の人的資源の有効活用推進に貢献している。組織心理学・コンピタンス心理学・性格心理学・行動分析学などの行動科学としての心理学理論による分析結果に基づいて、その企業のスタイルに合った総合人材コンサルティングを実施している。

 一方、教育部門であるスクール経営では、「心理学」の知識習得から人間理解を深め、「カウンセリング」のコミュニケーション能力習得から実践力を身に付け、「人間関係学」により社会の中での対応力を磨く、これらの総合的人間力を育てるための各種カリキュラム&コースを、新卒者や社会人に対して提供している。

 特筆すべきは、生涯学習の時代といわれる今、新卒者や社会人に対しても自分自身の特性を活かしたキャリアカウンセリングを充実させていることである。すなわち、知識として学ぶだけではなく、学習した内容を自らのものとして修得し、生涯を通しての自己のアイデンティティの確立のうえに活かせることを目指している。各講師陣がきめ細かな指導をすることによって、ひとりひとりの自己実現と社会が必要とする人材の育成に努めている。
エニアグラム講演会
その他の写真一覧

支援内容
 当社は、スクール以外に企業から各種コンサルティング業務を受託するケースが増えてきたことから、この分野に本格的に事業として取り組むことになり、専門家派遣事業を利用した専門家の支援を受けて法人化することとなった。

 今回の専門家派遣による支援は、法人設立に伴う各種手続きに関する助言・支援にとどまらず、法人成り後もスクール運営がスムーズにいくようにとの観点から助言・支援をおこなった。対外的には総合カウンセリング業務受託に繋がるような信用度・認知度アップを、内部的には役割分担の明確化といった側面をポイントとして、当社側と十分協議のうえ支援を進めた。

 その結果、法人化の支援を通して、企業側が希望していた「企業としての基礎づくり」が実現し、現在「心理教育」という事業分野が社会的に認知されつつあることと相俟って、業容の拡大に結びついている。

企業者の声
 担当していただいた専門家には、大変親切丁寧に助言・支援していただきました。また、同時に支援センターの人選の適切さ、派遣する専門家の質の高さを感じました。今後、機会があれば再度、専門家派遣事業を利用したいと思います。

担当者の声
 この事例の法人化の中心人物は、経営の傍らスクールで講師として活躍する心理学の専門家でもあるためか、人の心に対する配慮を感じないではいられなかった。これは「心の時代」に企業経営を担う者にとって大切なことのひとつかも知れません。

企業基本データ
代表 代表取締役 遠藤律子
住所 福岡県福岡市博多区博多駅南2−1−5
電話 092−481−5608
e-mail goannai@q-sinri.jp
URL http://www.q-sinri.jp
従業員 7名
業種 サービス業(人材コンサルティング、スクール経営)
主要製品 企業向け総合人材コンサルティング、人材育成資格取得講座、総合カウンセリング