HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
家具職人がつくる高品質の木のおもちゃで新分野へ進出
株式会社 井筒屋 平成16年
企業概要
 昭和26年創業。主に官公庁発注の文教施設や医療施設家具等を受注生産してきたが、近年建設業不況のあおりを受けゼネコンの下請として受注金額が落ち込んできている。そんな中、製作家具一級技能士の技術をいかし、ボランティア事業で積み木を製作したところ好評を得た。平成15年より事業化の第1歩として、木のおもちゃ「ウッドキューブ」の商標で、ホームページでの積み木の販売をはじめる。

 家具職人がつくった積み木は水平垂直の寸法にくるいがなく、大人の背の高さまで積み上げることができ、子供達の集中力や感性を遊びの中で育てることができると評判である。おもちゃの市場は、本物指向の高級品と海外の量産品に両極化しているが、少子化に伴い、高くても安心安全なものへのニーズが高まっている。材料は一般的なビーチ材(ブナ)とともに、高知県産のひのきを使用し、木の香りと抗菌特性をいかしたものも作成。子供が集まるイベント等に積極的に参加し、子供達の遊ぶ姿を観察しながら製品改良につなげている。

 卵形や球形等、家具の製造機械でつくれる形状であればほとんど対応可能であり、展示会等に出展して評価を求める活動を行なうなかで、こうした木材の優れた加工技術が注目され、雑貨等家具以外の可能性が広がり始めている。現在、東京のデザイン会社と連携し、新商品を開発中である。

 地域の下請製造業から、本物の木のおもちゃ、雑貨等を全国展開するメーカーへの経営革新を進めている。
木のおもちゃ

支援内容
 1.高知県産品展示商談会の利用

  当初販売ルートがないため、「ウッドキューブ」はホームページやクチコミでの販売が主であったが、販路を求めて、平成15年当センター主催の東京、大阪での高知県産品展示商談会に展示会としては初めて出展した。金属等異素材の業者とのビジネスマッチングに成功し、新商品の開発と新たな販路開拓につながった。

 2.ビジネスサポート事業の活用

  東京駐在のビジネスコーディネーターの提案を受け、神社・仏閣用のお守り類のサンプルを製作し営業中である。ウッドキューブの携帯ストラップを製作し、ノベルティグッズとして大手関連企業に提案中である。

 3.展示会経費補助事業の活用

  展示会出展に関する経費への補助事業(全国ブランド支援事業)を活用し、雑貨・ギフトの日本最大の展示会である「東京インターナショナルギフトショー」への単独出展を予定している。

企業者の声
代表取締役
筒井 政彦氏
 展示会に出展したり、コーディネータのアドバイスから、自分たちでは気づかない新たな用途を教えてもらうなど、今までやってきたこと以外の可能性がひろがってきたことがありがたいです。

担当者の声
 下請企業から、自社オリジナル商品を開発し、製造販売するメーカーへとステップアップが始まったところであり、今後積極的なビジネスマッチングにより、木工の高い技術力をいかした新しい分野への挑戦に期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 筒井政彦
住所 高知県高知市朝倉丙2137−2
電話 088-844-1891
e-mail info@izutsu-ya.com
URL http://www.izutsu-ya.com/
従業員 15名
業種 家具製造業
主要製品 別注家具、木のおもちゃ