HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
OL時代に出会ったおしゃれな容器のリキュールに魅せられ、輸入販売にチャレンジ
有限会社 楽空間L`est 平成16年
企業概要
 高松商工会議所「創業塾」の受講を契機に、漠然と考えていた起業に着手する。事業は、OL時代に魅せられたドイツリキュールの輸入販売に加え、中国との交易、観光事業など3本柱を設定。2002年8月「楽空間L`est」の屋号で創業した。中国交易は中国での生産協力工場の選定が初仕事、大連市彩印包装有限公司の海外事業部長に就任するなど順調に推移している。

 一方、創業の原動力となったドイツリキュールの取り扱いについては、輸入業務という未知の分野にチャレンジすると共に、酒類小売免許の取得、拡販のため卸売の免許も追加取得するなど、実現への道は厳しかった。2003年9月、幾多の難関を乗り越え通関業者からは奇跡と言われながらリキュールの輸入に成功した。福岡国際見本市の出展を皮切りに販路開拓に努めるかたわら、消費実態をリサーチ、販売手法の改善に取り組んでいる。

 経営課題としては、海外取引のリスクをどれだけ最小限に止められるかのほか、輸入ロットの大きさをカバーする販売力の養成などに加えて、わが国特有の各種規制と海外取引との調整など経営以外の気苦労も多い。また、安定経営のためには販路拡大が至上課題であり、経営のステップアップのためにも信頼できるパートナーが必要であって、その人件費が捻出できる財務体質の達成を目指している。

 四国から世界に発信する企業となるため、自問し努力されている姿には感動させられる。
商品
その他の写真一覧

支援内容
 輸入業務の立ち上げに、新規販路開拓にと、未知の分野に挑戦されたバイタリティに感動させられる。センターでは、一般的なアドバイスに止まらず、即戦力となる実質的なマッチングサポートを心がけた。

 (1)輸入業務に関する支援
   地元ではドイツワインを直輸入して販売している(株)ビッグエスとのマッチングサポートを実施。輸入業務の責任者から実務ノウハウの特別レクチャーをいただいた。

 (2)販路開拓に関する支援
   オリジナル容器のおしゃれなリキュールだけに、「ギフト」を切り口とする市場戦略を指導。また、商品グレードを印象づける百貨店ルートの開拓を目指し、三越高松店とのマッチングサポートを実施。バレンタインデーや母の日など、催事でのトライアル販売で商品力を実証。実績を評価され三越の帳合卸・明治屋高松店との口座開設というチャンスを得ることができ、他チャンネルへの糸口を確保した。

企業者の声
現地メーカーのルノティーフさんのご家族と
 昨今の小売店舗間競争は激しく、顧客の感性を刺激する魅力的な商品の開発、売場の活性化は各社で急務となっている。ドイツ・マリエノフ社のリキュールは、インテリアとしても魅力的なハンドメイドの容器に加え、これまで経験したことのない極上の味香が、ソムリエやバーテンダーなどプロからも高い評価を得ている逸品といえる。今後は、酒類販売という規制の多い商品だけに、商品をより魅力的にみせる市場づくりが課題となってくる。

担当者の声
 三越高松店とのマッチングサポートは、名門百貨店との取り扱い実績として、催事チラシへの商品掲載とともに、大きなハロー効果を生んだ。なかでも、三越の帳合先である大手卸・明治屋に催事実績が評価され、特別に口座開設を得たことは大きな成果として特筆できる。

企業基本データ
代表 代表取締役 中尾友紀
住所 香川県綾歌郡国分寺町新名1543
電話 087−874−4989
e-mail snowman-raku@ybb.ne.jp
URL
従業員 4名
業種 酒類小売・輸入卸業
主要製品 クラフト製品企画・製作・輸入(中国大連市)ドイツマリエノフ社輸入総代理店(リキュール)