HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
ナローバンドで繋がるIP電話をコアに事業展開
株式会社 フィール 平成16年
企業概要
 当社は、平成12年に設立され、ソフトウェアの開発、マイラインの販売、パソコン通信教育などを行っていた。

 平成14年になり、新たにIP(インターネット・プロトコル)電話の通話装置を開発した。この製品は、(1)ISDN等のナローバンドでの通話が可能、 (2)プロバイダーを選ばない、(3)今までの電話番号を使用できるなどの特徴を持っている。当時、IP電話が注目を集め始めていた時期であったが、ブロードバンド環境の整備が進んでいないため、ナローバンドで使用できる本製品に注目が集まった。現在でも地方ではナローバンドでしか接続できない環境の地域も多く、必要とされている地域は多い。

 当初は、このIP電話装置のみの提供を行っていたが、この製品を活用したサービスの開発を行い、販路拡大につなげている。まず、これまで行っていたパソコンの通信教育にIP電話サービスを取り入れた。パソコンの遠隔操作ソフトウェアを使用した遠隔サポートサービスでは、パソコンが立ち上がらない等のトラブルが出るとサポートが行えない。このようなトラブルが発生してもIP電話を使用することで、遠隔地からインストラクターのアドバイスを受けることができる。このサービスを自社の通信教育のみではなく、全国のパソコンインストラクターに対して販売している。

 なお、IP電話に関する技術、サポートの実績などが評価され、大手通信会社との間で光ファイバーの営業代行およびサーポートに関する契約を結んだ。この契約により経営基盤が強化され、IP電話関連へ更なる投資を行う予定である。
製品
その他の写真一覧

支援内容
 IP電話事業は、プロバイダー、機器メーカ等の多くの企業が参入し、競争が厳しい。その中で当社の製品は、ナローバンドで使用できる、通信品質が安定する等の強みを持っていた。しかし、ライバルに比べて、資金面、知名度が不足し、販路の開拓に悩んでいた。

 そこで、平成15年度中小企業総合事業団(当時)の販路開拓の助成金を紹介したところ、採択となった。また、かがわ産業支援財団の「創業・ベンチャースタートアップ」の補助金を活用し、PDA(携帯情報端末)仕様のIP電話端末の開発を進めている。これら助成金・補助金制度の適格会社として採択されたことにより、販路開拓の資金を得ただけではなく、信用力が上がったことを喜んでいる。

 

企業者の声
代表取締役
松岡 栄治氏
 助成金等の資金確保について指導いただいたり、今年度は経営革新計画においても指導いただき、採択され、金融機関等への信用度が上がりました。また、昨年に引き続き「ビジネスマッチングIN香川」等のイベントも紹介されて活用させていただいています。現在の拠点でもある「ネクスト香川」入居に際しましても、アドバイスをいただき大変感謝しております。

担当者の声
コーディネーター
中庭 正人氏
 当社は、IP電話装置の開発および関連事業を地元香川で行うことへこだわりを持っています。この姿勢があったからこそ、ナローバンド環境でも使え安定した品質を保てるIP電話が開発できたと思います。特徴のある商品開発も進んでおり、今後に期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 松岡栄治
住所 香川県高松市林町2217番地44
電話 087-815-3455
e-mail info@feel-ing.co.jp
URL http://www.feel-ing.co.jp/
従業員 65名
業種 電気通信事業、インターネット電話機器開発・販売、ソフトウエア開発・販売等
主要製品 IP電話装置、パソコン通信教育、ブロードバンド回線の販売代行および技術サポート

提携に関する情報
 パソコンの遠隔指導業務の拡大にあたり、ご協力いただける取扱店およびインストラクターを募集しています。