HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
5S活動と3ム(ムリ・ムダ・ムラ)MEMO活用により職場を改善
マストミ冷蔵 株式会社 平成16年
企業概要
 当社は、もともとマグロ遠洋漁業から出発し、その卸部門が独立した企業である。平成元年に発売した「ネギトロ」が爆発的なヒット商品となり、冷凍庫や加工場を増強。現在は、卸と製造販売の売上比率がほぼ半々になった。

 冷凍マグロを中心にした卸部門は、地元の飲食店やスーパーマーケット、ホテル等に、製造販売部門は、ネギトロ等の水産物を加工した冷凍食品を全国の生協に販売している。1年ほど前から「キャプテンマスト」のブランドで「楽天」にも出店。ネットを通じて消費者への直販にも力を入れ始めた。ショップには、水産物を主力に合鴨、フォアグラなど、スーパーでは決して手に入らない、プロの料理人が使うような食材を世界中から集めて提供している。

 今後、卸部門は大きな成長は見込めないだけに、製造販売部門を強化して、食品メーカーへ脱皮していけるかどうかが成長のポイントとなっている。その食品メーカーとして成長していくためには、安全で衛生的、かつ、効率的な生産体制を構築する必要がある。このため安全・衛生面では既にHACCP(食品の製造加工工程全般を通じた品質管理手法)を取得し、勉強会を続けている。さらに生産性の向上を図るため、「自己流」ではなくプロの指導が必要と判断、外部専門家の支援を得てその実現に取り組んでいる。
マグロ製品の加工風景
 
ネギトロ丼

支援内容
 当社の依頼を受けて専門家を派遣、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)活動と3ムMEMO活用を推進した。まず社長を本部長とする推進本部、その下に専務を委員長とする推進委員会を立ち上げ、受け入れ体制を確立。専門家がを詳細なテキストを作成し、社員を対象にした教育・指導を行った。

 5S活動では、多品種少量生産、納期短縮など、現在の生産現場を取り巻く環境から工場革新の必要性を説き、その基礎として5S活動が欠かせないことを指摘、具体的な進め方を指導した。現在も第3火曜日を5Sデーと決め、5Sの実践を継続している。

 3ムMEMOとは、「ムリ・ムラ・ムダ」の3つの「ム」を発見し、これを1枚の紙にメモする方法。メモの内容は、現状、自分で考えた改善案、改善後の成果等で、これを職場の改善活動や小集団活動に活用していく。今回の支援でも発見の切り口や実際の活用方法等を指導し、着実に成果を上げている。

企業者の声
 HACCPの取り組み最中だったため、タイミングよく5Sの基本を教えてもらうことができた。それまで自己流で5S活動を行っていたが、適切なアドバイスで理解が深まるとともに、従業員の意識も大きく変わった。

担当者の声
 今後もこの制度を利用し、商品開発の方法やマーケティングなどの勉強を重ね、自分たちの力で売れる商品を開発できる力をつけていくようにしたい。「安全」「安心」という食品メーカーとしての基本体制を確立したら、市場に積極果敢に攻め込んで欲しい。

企業基本データ
代表 代表取締役 桝冨俊二
住所 徳島県徳島市東沖洲2−26−14
電話 088−664−6161
e-mail masutomi@stannet.ne.jp
URL http://www.masutomi.com
従業員 47名
業種 水産冷凍品卸、水産加工品製造販売業
主要製品 冷凍マグロ、ネギトロ