HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
無垢床材を中心に、新社屋建設と社名変更で新たな事業展開
株式会社 カスコ 平成16年
企業概要
 当社の前身は、大正10年創業の柏原建材店で、当初は左官業および屋根工事業を主要業務としていた。現在も屋根工事が主力であるが、住宅メーカーへの部材納入が大半となるため受注待ち体質になりやすく、売上高が大手企業の動向や取引先の営業状況に左右されるといった問題を抱えている。

 こうしたことから、平成13年から床材を中心とした輸入建材のインターネット販売に、同15年からは屋根リフォーム事業への進出により、下請け体質からの脱却、提案型の部材メーカーへの脱皮に取組んでいる。特に、ネット販売では無垢床材を「自然派・健康志向にマッチした商品」としてPRし、併せて、付加価値を高めるための商品開発を行っている。同床材は、木の香り、足ざわりなど五感に訴える特性があり、経年変化で味や愛着が出てくる特長を持つ。しかも、合板と比較して接着剤の使用量を大幅に抑えられ、ホルムアルデヒド等を抑制できるメリットもあり、アトピー対策などにも有効な製品である。

 これらの商品は、最終消費者である施主と設計事務所へのPRが重要であると考え、インターネットの充実と新社屋に設けたショールーム、ミーティングルームを活用し、施主、設計事務所および工務店とのコミュニケーション強化を図ることによて、売上の拡大を目指している。

 そして、その前提として、新社名カスコ(keep,Amenity,Safety,Create,Original)に込めた経営理念のもと、快適な住まいづくりを通じてお客さまに感動と満足をお届けすることを約束し、全社員でその実践に努めている。
輸入建材を使用した新社屋正面
その他の写真一覧

支援内容
 当初は立ち上げて数年目となるインターネットでの無垢建材販売についての経営支援の要請が強く、それに応えて専門家派遣を行なったが、会議を重ねる内に他にも課題が山積みしていることが判明し、それらを解決しないと前に進めないと判断した。

 折りしも当社は、経営革新支援法にもとづく低利融資によりショールーム機能を持つ新社屋を完成の見込であった。また、それに伴って屋根リフォーム部門の充実を図るなど、総合的な経営資源の配分を考えながら新たな戦略を進める必要が出てきた。

 そこで、経営理念の見直し、経営戦略の策定、マーケティングの再構築など、今後の方向性を絞り込むことを重点的に支援し、これらの具体化を促進した。

企業者の声
代表取締役社長
柏原 宏行氏
 今までの社内会議では、突破口が見つからなかったり、結論が出ないことがありましたが、専門家の先生のアドバイスによって常に正しい方向に導いていただきました。目的が分かっていても手段が解からない場合がほとんどでしたから、大変勉強になりました。指導を受けていると意外な発想や考え方が有ることも解かり、この点でも大変感謝しています。

担当者の声
 経営理念を折りこんだ新社名、ユーザーとのコミュニケーション広場でもある新社屋、そしてネットコミュニケーションの充実で、総合力を発揮し、ますます発展されることを祈念しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 柏原宏行
住所 徳島県徳島市中洲町2−21−1
電話 088-625-2151
e-mail office@kasco-jp.com
URL http://www.e-kenzai.jp
従業員 25名
業種 建築資材小売業
主要製品 屋根工事、輸入床板