HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
会社解散の危機に挑み、新会社設立によって原点から再スタート!
株式会社 日本漏防コンサルタント 平成16年
企業概要
 当社は、昭和59年に地元の技術者が集まり、上場企業K社の漏防事業の全国展開を担う会社として立ち上げるよう要請されたのを受け、漏防事業会社(旧日本漏防コンサルタント)として設立されたことに始まる。

 その後 業容を拡大してきたものの、K社が数度の談合事件により指名停止となったため、平成8年には赤字に転落。K社に営業を頼ってきたことから壊滅的な打撃を被り、平成9年のK社の救済合併により100%子会社の株式会社金門管路セルビスとして再出発した。しかし、再度の談合事件による指名停止により売上は半減し、平成15年に経営の危機を迎え、追い討ちをかけるように、年末には支援停止、会社整理の方針が打ち出された。更に、1月にはK社は産業再生機構に再生支援の申請を行い、支援決定により同社の整理は決定的となった。

 このため、当時の新垣社長、奥田取締役は、雇用の確保を最大の目標として、新会社設立による事業の継承を模索し、親会社との度重なる折衝と関係各位への協力を依頼して、平成16年4月に現在の当社を設立した。

 当社は、永年の技術蓄積により技術評価が高く、社員の協力によってスムースな事業継承を行うことに成功し、現在(平成16年10月末)の受注実績は5500万円となり、初年度の売上は1億円を見込んでおり、地元金融機関の支援も約束されている。
代表取締役技術本部長
新垣 光勇氏
 
漏防調査風景
その他の写真一覧

支援内容
 平成16年1月、独立して営業継続をしたいとの希望で対策等について相談を受けたのを契機に、会社設立準備、事業計画作成、起業時の資金手当、親会社との交渉方法などを助言支援し、民間再生支援会社の紹介などを行った。

企業者の声
代表取締役社長
奥田 義郎氏
 弊社は、創立20周年の節目で思いもかけない会社解散に追込まれましたが、我々社員は、一丸となって新しい会社を立ち上げました。資金面の大きなハードルに直面し対策に苦慮していたところ、プロジェクトマネージャーのご指導・ご助言を得て、幸いにも早期に金融機関の支援を受けることができました。

 今後は永年培った漏水防止技術・ノウハウの蓄積を活かしながら、地球環境に優しい事業展開を志していきたいと思っています。

担当者の声
 当機構への相談・アドバイスの活用事例というより、密接な営業関係のあった親会社の倒産に巻き込まれること無く、前会社の新垣社長、新会社の奥田社長、両社長のご努力と社員の団結によって成された事業再生の成功事例として参考になればと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 奥田義郎
住所 徳島県徳島市南田宮2−7−4
電話 088-632-6616
e-mail nrc1@knh.biglobe.ne.jp
URL http://www.nihon-robo.co.jp/
従業員 21名
業種 漏水防止事業
主要製品 上水道漏水調査、流量管理、鉛管調査