HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
SOHO支援ビジネスモデルを独自に確立
有限会社 ソーホー総研 平成16年
企業概要
 当社は、SOHO(個人・小規模事業所)に対し、営業活動から交流、啓発、精神的なサポートまで幅広く支援するコーディネート事業を手がけ、SOHOの紹介webサイトとSOHOの共同オフィスを運営している。

 主力は、SOHOをインターネットのサイトで紹介する「SOHOプロダクション広島」の運営。現在、経営管理、営業企画、デザイン・イラスト、コンピューター・インターネット、ライター・編集、翻訳・通訳、資格士業、講師などの各種分野にわたり、企業の多様なニーズにこたえる77人のSOHOを登録。高い職能と意欲の持ち主に限定し、直接取材によって実績や人物を詳しく紹介している。アクセスした企業は直接仕事を発注できるほか、当社にコーディネートを依頼することもできる。SOHO側にとっては個々の存在とその能力を対外的に発信するPRツールとして、利用者側にとっては仕事をアウトソーシング(外注)する際のガイドツールとして活用できるサイトになっている。

 創業者の牛来社長は、自らもSOHO出身。フリーの販促プランナーとして活躍する中で、SOHOとユーザー企業をつなぐコーディネーターの必要性を実感し、SOHOの自立やネットワークづくりを進める独自のビジネスモデルを構築。プロフェッショナルなSOHOが集積することによって、スキルの高いSOHOたちの活躍の場を広げることを目指している。
企業照会用ホームページ

支援内容
 牛来社長が代表を努める「広島SOHO’Sクラブ」のSOHO交流会での出会いを機に、SOHOオフィスの入居者等に経営アドバイスをするとともに、牛来氏自身のビジネスプラン骨格の見直しを推め刷新した新ビジネスプランを基に「ひろしまベンチャー育成基金」への応募を勧め、応募用の書類や企画書の作成等きめ細かな助言をしたところ、2004年3月「第2回ひろしまベンチャー大賞」を受賞した。

 このほか、支援センターのネットワークを通じて、「SOHOプロダクション広島」のメンバーのビジネスを紹介できたケースもある。

企業者の声
代表取締役
牛来 千鶴氏
 支援センターからのきめ細かな助言・指導により、以前は自分独りで考えていたのでビジネスモデルは小さくまとまりがちだったが、自分の殻を打ち破ることができた。これからも、SOHOのメンバーに販路や顧客の開拓で力添えをしていただきたい。

担当者の声
マネージャー
林 征次郎氏
(1)牛来氏自身のオフィス経営の充実と拡大
(2)牛来氏と連携した入居者の経営指導
以上を引き続き様々な面から支援を続けたいと考えています。

企業基本データ
代表 代表取締役 牛来千鶴
住所 広島県広島市西区楠木町1−13−16 立芝ビル3F
電話 082−532−5662
e-mail gorai@so-so.co.jp
URL http://www.so-so.co.jp/
従業員 2名
業種 SOHOコーディネート事業
主要製品 SOHO紹介webサイト運営、SOHO共同オフィス運営