HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
飲食店はじめビルオーナーに朗報! 厨房の総合的衛生管理システムで業界に新風
株式会社 クンジョウ 平成16年
企業概要
 当社は、広島市、東広島市、呉市を営業エリアに、ビル清掃・洗浄や衛生害虫駆除サービスを手掛けている。基本理念は「誠心、誠意、誠実」。ビルメンテナンス40余年の実績と、油脂二次汚染防止剤活用20余年のノウハウを誇る。大手ビルメンテナンス会社の下請けも含め、80社以上の顧客を抱える。

 2003年にはこれまでの経験を集大成した「厨房の総合的衛生管理システム」を開発した。中小の厨房衛生管理業者でも高度なサービスを提供できるシステムで、代理店網の確立を視野に入れ、事業規模の拡大に意欲を燃やしている。

 このシステムは、厨房設備の洗浄をはじめ、害虫駆除、清掃、雑菌検査を一括して「ワンストップ」で請け負うシステム。中でも厨房の廃油槽「グリストラップ」は、独自に開発したヤシ油を原料に超微粒子からなる洗浄剤と洗浄機器で、油脂汚れを強力に落とす。さらに、飲食店にとっては作業ごとに異なる衛生管理を1社に任せるだけですむため、導入店は衛生管理の品質や効率、コスト面で大きな効果を得られる。
循環方式でグリストラップをきれいに清掃する専用洗浄機

支援内容
 厨房の総合的衛生管理システムが実現できるかどうかのカギは、優れたグリストラップ洗浄方法を開発できるかどうかにかかっていた。ひろしま産業振興機構広島県中小企業・ベンチャー総合支援センターの支援により「ひろしまベンチャー交流サロン」で事業計画を発表した結果、洗浄剤や装置の開発に必要なパートナー企業を含む開発支援体制を確立できた。

 加えて「平成15年度ひろしま産業振興機構チャレンジ30技術開発事業」に採択され、補助金を獲得。このほか、開発全体を調整する専門家派遣などの支援を行った。

企業者の声
代表取締役
藤島 隆年氏
 2002年10月の開発スタートから2年足らずで、事業化に着手することができた。

 同年11月には厨房の総合的衛生管理システムに先立ち、エアコン洗浄とフロアーワックス除去剤の汚水処理装置の開発に成功した。この装置の実用化や展示会出展でも、支援を受けた。

 今後も、人材・資金面等で協力をお願いしたい。

担当者の声
プロジェクトマネージャー
保田 紀孝氏
 今後は、代理店網の確立、業務マニュアルの充実、業務のIT化、ユーザーに対するフォローアップの充実等課題は多いが、支援を続けていきたい。

企業基本データ
代表 代表取締役 藤島隆年
住所 広島県広島市中区舟入本町10−4
電話 082−231−8110
e-mail kunjyo@uranus.dti.ne.jp
URL http://kunji1.hp.infoseek.co.jp/index.html
従業員 30名
業種 サービス業
主要製品 ビルの衛生管理、衛生害虫・シロアリなど防菌施工管理、清掃用品・機器、環境機器システム、油脂分離財の販売