HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
受託生産に安住せず、自社ブランド製品開発で事業拡大
エクセル 株式会社 平成16年
企業概要
 当社は、産業機械向けの電子機器や制御機器の受託生産を手掛け、一方で、下請け体質からの転換を図るために自社製品の開発に注力してきた。

 まず、2002年、空気清浄機「エアクイーン」の開発に成功。「エアクイーン」は、従来製品に比べ部屋の脱臭、清浄、殺菌効果を高めた高付加価値型製品。脱臭機構〔特許〕の能力は、従来の活性炭に比べ430倍あり、20〜24畳の空間に対応できる。価格はオープンで、実勢は20万円前後と値は張るが、現在までにホテルや病院、福祉施設などで計60台の販売実績を持っている。高級感を出すため木調のデザインを採用、色は淡いライトや白系のストーンなど4種類ある。

 また、引き続き開発した「導光表示板」はLED(発光ダイオード)フルカラー表示板〔特許出願中〕で最大W2000×H750まで生産可能。文字通りフルカラーによる表示ができ、タッチパネル形式の表示板により操作も簡単で、病院、官庁、テナントビル、学校、地下街等人出の多い場所での案内板として使用でき、利用者にとっても施設管理者にとっても案内が楽になり省力化が図れる。

 太陽電池ウエハーの受託生産事業が軌道に乗り業績は急拡大を続ける中で、次なる収益の柱として、自社ブランド製品の事業拡大に意欲を燃やしている。
超強力脱臭空気清浄機 「エアクイーン」
その他の写真一覧

支援内容
 会社設立以来、電子機器の受託生産を手掛けてきた当社にとって、「念願の自社製品」となった空気清浄機「エアクイーン」。だが、発売当初は、営業活動をするという発想もノウハウもなく苦労の連続だった。

 商品の取扱説明書にはじまり、販路用カタログやポスターなど、消費者に商品を認知してもらうためにはPR資料作りが先決だが、製品のどの特徴をPRし、販売先をどこにするか、どの販売ルートを活用するかなど、全てが未知の分野だった。

 相談先のひろしま産業振興機構広島県中小企業・ベンチャー総合支援センターの勧めで「ビジネスプラン作成セミナー」「ひろしまベンチャー交流サロン」に参加し、事業計画の立案や販促戦略など営業のイロハを学び、プレゼンテーションのコツを学んだ。

企業者の声
代表取締役
瀬来和男氏
 支援センターから派遣されたアドバイザーからは、

  ▽商品のコンセプトを変更しない

  ▽一気に売ることを考えず腰を据えてじっくり販売に取り組む

  ▽むやみに安売りに走らず付加価値を意識する

 ―などの助言を受けて、「基本方針を改めて再確認でき、自信がついた」(社長)

担当者の声
サブマネージャー
倉田東一郎氏
 産学官での研究、成果も含めて自社商品を開発できた。電子機器製造で培った技術をベースに、受託製品とともに自社製品の柱を立てるため、今後商品開発販路の拡大等々必要支援を行っていく。

企業基本データ
代表 代表取締役 瀬来和男
住所 広島県深安郡神辺町旭丘47−6
電話 084−965−1331
e-mail excel@sirius.ocn.ne.jp
URL http://www.excel-inc.jp/index.html
従業員 145名
業種 電子機器製造業
主要製品 空気清浄器、導光表示板、太陽電池ウエハー