HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
受注産業から脱皮、斬新な開発能力により自社製品で全国展開へ
株式会社 細田企画 平成16年
企業概要
 細田社長は、かつて機械製造会社の技術者として工場内の機械設備の省力化、自動化を手掛けていたが、「省力化の仕事は独立してもやっていける」と昭和62年に当社を立ち上げた。以来、省力化を求める機械製造業者から必要とする機械のコンセプトを聞き、その都度、設計図を書いて製品化していた。しかし、景気低迷による売上低下に対応するため、新たな展開として受注生産方式から脱皮し、自社製品開発・販売を目指していた。

 当時、建築現場で内装仕上げ工程に使用される石膏ボードは、石膏と紙を分離する必要がなかったことから、そのまま廃棄物として埋め立て処分されていた。しかし、法改正により石膏と紙を分離する処分方法に移行したため、リサイクルが課題となっていた。ここに着目し、受注生産の合間を縫って、石膏ボード粉砕分別機「プラスターボ」を平成12年に開発した。

 当社が開発した石膏ボード粉砕分別機は、投入口に石膏ボードの端材を投入するだけで、瞬時に石膏と紙を分別、排出するもので、性能的にも、価格的にも圧倒的な優位性を持ち、中国経済産業局長表彰、中国地域ニュービジネス大賞などを受賞した。この業界は大手企業の寡占状態となっていたが、数多くの展示会出展や現地実演を行なうとともに、国内の主要都市に拠点を持つ商社と年間販売契約を締結し、全国展開を図りつつ、デモ機をユーザー先まで運び実演するなど、積極的な販売戦略により著しい販売実績を上げている。

 最近では、産業廃棄物処理や介護などの幅広い分野で自社製品の開発にも力を入れており、特許関係の登録、出願中も多数あり、自立型の経営革新を進めている。
簡単に扱え高性能石膏ボード粉砕分別機
その他の写真一覧

支援内容
 自社オリジナル製品の開発時に鳥取県産業振興機構および産業技術センターへの相談があったが、まず経営体質の改善と資金面の改善が課題であった。そこで、平成10年に、創造活動促進法の認定、創造技術補助金活用のアドバイス、県の企業立地促進助成金申請を行なうなど、資金面の斡旋・支援を行なった。平成14年には、経営革新支援法の認定への支援を行なっている。

 また、独自の販路が確立されていなかったことから、展示会、環境展などへの積極的な参加を促し、現在の全国展開への足がかりを築く基盤を作った。この販路開拓の支援体制に加え、自社独自の積極的な営業展開により、大幅な収益改善を達成した。

 更に、生産体制の整備・強化のための事務所移転および工場取得に伴い、関係機関へ働きかけて物件紹介を行なうとともに、資金調達の一助としてVC(ベンチャーキャピタル)による投資への斡旋・支援を行なった。

企業者の声
社長
細田 稔氏
 受注産業から脱皮し自社オリジナル製品の開発を目指し、更には、全国展開をすることにより経営革新を図ることを目標としていた当社にとって、今回の資金、販路支援は大きな経験となり、自信にもつながり、大変感謝している。

担当者の声
 社長、専務の売込み熱心には脱帽。良い物ができても売り込み方がわからないという企業が多い県内にあって模範となる企業。

企業基本データ
代表 代表取締役 細田 稔
住所 鳥取県西伯郡南部町天万1937
電話 0859-48-3977
e-mail info@h-circus.com
URL http://www.h-circus.com/
従業員 23名
業種 各種省力化機械の企画・設計・製造・販売業
主要製品 石膏ボード分別処理機(商品名:プラスターボ)、自動供給装置等