HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
先進的ノウハウを活かし、安全・安心なトンネル・システムを創る
株式会社 創発システム研究所 平成16年
企業概要
 当社は、トンネルを巡る技術シーズを発展的に組み合わせ、市場ニーズにマッチした機能を持つシステムを「創発」することを経営理念とする。その目指すところは、(1)顧客の創造、(2)革新的なシステムの開発、(3)スピード・コスト・品質の追求、(4)地域社会・国際社会との連係、および、(5)快適な職場環境と教育機会の提供である。

 具体的には、次の製品・サービスの提供を主な事業内容とする。

 1.トンネル換気・空調・防災システム

  道路トンネル、鉄道トンネルの換気・空調・防災に関し、計測データおよび数値シミュレーションを用いて解析診断を実施し、改善提案を行なう。また、各種データ収集や火災実験等も行なう。

 2.道路トンネル設備保全ソフトウェア

  道路トンネル設備保全に係る各種ソフトウェアを、インターネット技術、リアルタイム換気制御技術、数値シミュレーション技術、データベース技術、計装システム技術等を活用して、受託開発する。

 3.道路トンネル換気防災計装システム

  道路トンネル火災時における利用者の安全性を向上させる、換気防災計装システムの計画設計を行なう。

 4.道路トンネル換気電力削減支援装置

  既存トンネルの換気制御システムが電力削減運転を達成するように、適切なシステム調整方法を運転員に提示するPC(パーソナルコンピューター)システムを提供する。

 道路関連業界の市場は、道路公団民営化の体制が整うまでのここ2,3年、様々な変化に見舞われると思われる。当社の経営課題として、この厳しい状況の中で、今までに蓄積してきた技術力と営業力を保持しつつ、さらなる発展を目指して民営化後の新市場に適合するビジネスモデルへ脱皮していかなければならない。
道路トンネル換気防災計装システム
その他の写真一覧

支援内容
 当社の進める先進的ノウハウを活かした事業展開に対し、平成13年度10月「新産業創造キャピタル事業」として、資金投資(15百万円)を行なった。

 また、平成14年11月より「ベンチャー企業支援人材導入事業」により専門家を派遣し、(1)ソフトウェア原価計算および月次決算体制の構築と、(2)社内経理体制の整備を促進した。

企業者の声
代表取締役
中堀 一郎氏
 ソフトウェア原価計算は、全体的な原価のみではなく、オーダーごとに原価を把握することができ、経営の参考資料として大変役に立っております。

 今後、是非ともこの体系を生かしつつ様々な原価分析をおこない、より良い経営方針づくりの参考資料としていきたいと思います。

担当者の声
 専門家派遣の結果、ソフトウェア開発の原価計算などが具体化され、経営の参考資料として大変役に立っていると、喜んでいただきました。

企業基本データ
代表 代表取締役 中堀一郎
住所 兵庫県神戸市中央区東川崎町1−8−4
電話 078-367-5102
e-mail nakahori@sohatsu.com
URL http://www.sohatsu.com
従業員 10名
業種 ソフトウェア開発
主要製品 シミュレーションサービス、シミュレーション応用システム販売、ソフトウェア受託開発、計測システム受託開発