HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
観光工場を建設、ネット販売も拡充、“但馬のおいしさを全国へ!”
株式会社 トキワ 平成16年
企業概要
 当社は、もともと大正元年(1912年)創業の酢・醤油等の醸造業者。その技術を活かし、「食を楽しく、美味しさと安心を求めて」をテーマに、地域の特産品を生かした製品を次々に開発、ユニークな商品ネーミングも奏効して好評を得ている。主な製品として次の3グループがある。

 (1)「酢的な達人」− 寿司飯や甘酢漬が簡単にできる「べんりで酢」、煮物・鍋物など和食に万能な「えーだし」、リンゴ酢・昆布・鰹節のだしを合わせた「香り三杯酢」

 (2)「蟹名人」− 松葉蟹エキスを加えて熟成した「かにすきのだし」、スダチとダイダイを合わせた風味の「なべぽん」、ボイルしたカニに良く合う「かに三杯」

 (3)「自然派美人」− 二十世紀梨のワイン「梨花一輪」、酢と蜂蜜を生かした梅ドリンク「梅の香」、糠漬発酵保存食品「さばへしこ」・「いかへしこ」

 平成14年(2002年)3月には、新工場(醸造所)に移転、需要拡大に伴う増産のため生産効率倍増の生産設備を導入、製品の安全性および多様性に対応しつつ生産性の向上を図った。また、一般観光客が見学できるコースを設け、試飲・試食もできる直営ショップを備えて、「観光工場」の特性をもたせた。

 現在、電子商取引体制(BtoC)に力を入れており、料理レシピを紹介するなど、ホームページを充実、従来のFAXや電話による注文に加えて、インターネットからの受注も増加している。
店舗・商品
拡大図

支援内容
 こうした当社の取り組みを受け、平成15年度「中小企業支援ネットひょうご」(中小企業支援機関の横断的連携)の個別支援対象企業として選定し、次の通り『インターネット通販の可能性等のマーケティング調査』と、IT活用による『市場開発システムの導入』を支援した。

 (1) 環境分析・SWOT(自社の強み・弱みと、市場の機会・脅威)分析

 (2) 通信販売体制の設計

 (3) 市場開発システムの導入(新工場内直営店舗の購買顧客データベース構築など)

 (4) 電子商取引体制の構築、ホームページ開設・更新、メール配信システム導入

 その結果、試験的に開始した「通信販売」は予想以上に消費者の反応が良く、収益貢献も確実と考えられ、その本格的な展開を推進した。

企業者の声
代表取締役
柴崎 一秀氏
 「マーケティング調査事業報告書」は、当社のような小規模企業にとって単独ではできませんので、今後も参考にさせていただける貴重な資料となりました。

 顧客満足(心に届く商品開発、顧客への情報提供など)を充実すること、顧客分析をすること、また、インターネットでの対応等について、一歩一歩レベルアップしなければならないと思っており、他社の良い例を研究しながら取り組んでいます。

担当者の声
 兵庫県下の27支援機関を横断的に連携したネットワークを「中小企業支援ネットひょうご」として、平成15年度にスタートしました。その利用者でもある当社は、経営革新計画に取り組み、平成13年度から16年度までの4年間を見ても、売上高・付加価値額とも計画を上回る増加を実現しました。当ネットワークでは、今後とも経営革新・第二創業に取り組まれる中小企業を個別支援していきます。

企業基本データ
代表 代表取締役 柴崎一秀
住所 兵庫県城崎郡香住町三谷735
電話 0796−36−0127
e-mail k.tokiwa@a-aji.jp
URL http://www.a-aji.jp
従業員 19名(他、パート4名)
業種 発酵食品製造業
主要製品 調味料(酢、だし)、酒類(梨ワイン)、漬物(へしこ)、健康飲料(梅ドリンク)