HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
中国に特化したインターンシップ派遣、現地との太いパイプが安心をつくる
株式会社 シーアイピー 平成16年
企業概要
 当社は、中国をマーケットとして活動する企業・ホテルなどへ、日本国内の学生をインターンシップ(就業体験)として派遣する事業である。平成15年2月に確認株式会社(最低資本金規制特例会社)としてスタートし、発足直後にはSARSの直撃によりまったく動きがなかった厳しい時期もあったが、持ち前の粘り強い営業力により事業の進展を図り、平成16年4月には正式な株式会社への登記変更を完了している。

 佐藤社長自身も中国語に熟達しており、日本で国立大学講師を勤める中国人スタッフを役員に抱えるなど、サービス提供の質には高いものを感じさせる。時代のニーズに適合したサービスは、取引先から高く評価されている。

 派遣される側の学生への情報提供の仕組みと、現地でのサポート体制も充実しており、顧客満足度は高い水準である。関西の私立大学等への人脈も豊富であり、なにより中国の北京市や天津市など現地との強い人脈を有している強みから、現地大手日本企業と直接交渉するなど、営業力にも強いものがある。

 最近では、IT(情報技術)分野におけるブリッジSE(両国間で円滑な業務進行を管理できるシステムエンジニア)について、中国側の日本受入窓口として北京市政府から認定を受けるなど、新産業分野への事業展開も視野に入れ、積極的に事業拡大を図っている。
現地日本語学校における研修風景・2004夏北京
その他の写真一覧

支援内容
 創業時に事業可能性評価事業である「テイクオフ大阪21」の認定を受けており、センターとしてもアドバイザー派遣等の制度活用を中心に支援を行なってきた。

 インターネットWEB活用によるマーケティングの仕組みづくりから、顧客からのアプローチとそれへの対応、その記録一切を電子的に処理しデータベースとして活用する体制の構築のために、現在もアドバイザーの指導が続けられている。

 さらに創業に特有の財務面からの指導も平行して実施しており、今後は従業員の増加による組織課題が表面化することも予測され、そうした観点からの支援も続けていく必要があると考えられる。

企業者の声
代表取締役
佐藤 喜良氏
 現在、大阪府吹田市のインキュベーション施設に入居し、多くの公的支援を活用できたことによって順調に業容拡大ができています。特に、専門家の指導を安価で受けることによる当社のメリットは非常に大きいと思います。

担当者の声
サブマネージャー
谷口 清志氏
 佐藤社長は、何か課題が見えてくるとすぐに気軽に相談を持ちかけてくれます。当方の持つ専門人材のデータベースを本当に有効に活用しながら、時代の流れを真剣に読み取ろうとする姿勢は素晴らしいと感じています。

企業基本データ
代表 代表取締役 佐藤喜良
住所 大阪府吹田市豊津町40−6 EBIC吹田404
電話 06-6339-7750
e-mail info@chinainternship.com
URL http://www.chinainternship.com/index.html
従業員 8名
業種 インターンシップ派遣事業
主要製品 インターンシップ(在中国ホテル・一般企業・日本語学校など)、中国語研修