HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
医師による付加価値情報を提供、健診データ処理業務に新風を起こす
有限会社 エーエルシー 平成16年
企業概要
 当社は、快適な職場環境と健康づくりを応援する健康管理情報処理専門事業を、平成14年2月にスタートした。社名のエーエルシーとは、“Active Life up Creation”の略であり、「健康で豊かな生活のための環境づくり」による社会への価値創造という理念を表している。健康診断実施機関、医療機関、健保組合などをターゲットとした、健康診断受診後の診断データ処理の受託加工業務である。

 IT(情報技術)関連職務経験者ばかりで立ち上げた事から、事業開始当初は経理面や営業方法等に問題があり、また、データ加工過程の効率化による業務効率化が課題であったのを、センターのサポートを得て解決した。

 現在では顧客側からの要望もあり、健康診断データの高付加価値処理のために、社内に嘱託医を迎えて付属医療機関とし、医療判断行為ができる体制を整備している。単なる情報処理から、本格的な医療情報の加工・提供事業へと脱皮を図ろうとしている。

 今後の課題として、昨今の個人情報保護への関心の高まりの中で、プライバシーマーク(個人情報保護に関する事業者認定制度)取得など情報セキュリティの確立について取り組んでいる。その一環として、事業所自体のセキュリティを考慮し、平成16年4月に現在地へ移転している。この移転に必要な資金調達に関しても、適宜、センターへの相談と公的制度の活用を織り込みながら、着実に成長を続けている。
事務所風景
その他の写真一覧

支援内容
 事業可能性評価(テイクオフ大阪21)において認定事業として評価された。創業前の段階から事業計画策定に関する詳細な指導を行ない、創業当初には財務面と営業面について指導を行なっている。

 また、創業当初と事務所移転時の二度にわたって公的融資制度の活用のための相談を受け、制度紹介から申し込み手続きの細部まで指導を行った。今後、情報処理過程でのセキュリティシステムの本格構築へ向け、アドバイザー派遣により対応していく。

 (財)大阪産業振興機構の発行する月刊誌への事業紹介も記事として2度掲載しており、今後も事業マッチング等の情報提供に努めていきたい。

企業者の声
代表取締役
北山 剛大氏
 経験のない経営全般にわたる計画作成や、経理面での不慣れな点を、アドバイザーの指導によって無事に乗り切ることができました。

 現在、事業第2段階として構想どおり進展していますが、営業力に課題があり、克服していきたいと思っています。

担当者の声
サブマネージャー
谷口 清志氏
 当社は北山社長の誠実な人柄と、サポートする役員・スタッフの皆さんの真剣さが第一の特徴です。売上的にはまだまだ満足できる水準ではありませんが、今後も真正面から取り組んでいかれることと期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 北山剛大
住所 大阪府大阪市中央区南新町1−4−1 TTN南新町ビル401 
電話 06-4749-7750
e-mail alc@mbr.ocn.ne.jp
URL http://www12.ocn.ne.jp/~alc
従業員 5名(役員3名、嘱託1名、アルバイト1人)
業種 健康管理支援サービス事業
主要製品 健康診断・検査結果情報加工・処理サービス、健康管理支援ソフト企画・開発・販売