HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
「キトサン」使った安全な農作物を届けます!
有限会社 こだわりらんど 平成16年
企業概要
 農作物の宅配会社として起業した小山紘司氏(当社取締役)は奈良県中小企業支援センターが起業家支援を目的に2002年から開設している「やまとベンチャースクール」の元受講生。2003年までに38人が受講し、9人が実際に起業したが、その中の一人である。

 同氏は、大学卒業後、掘削機械メンテナンス会社などを経て、2001年から健康食品の販売会社に勤務、「キトサン」と呼ばれる解毒作用のある健康食品を扱っていた。(「キトサン」は、カニ殻からタンパク質とカルシウムを除いて残ったキチン質を精製したもので、人体の免疫力を高め、解毒排毒作用があり、健康食品として市販されている。) 当時から、「農薬を使わずに解毒作用のあるキトサンを使って野菜を栽培できないか」と考えており、青果市場に出入りする農家相手に数回開いた勉強会でも好反応を得ていた。

 これからは必ず、無農薬、減農薬野菜の時代が来ると確信した同氏は、2003年5月に健康食品会社を退社。キトサンを使った野菜の販売事業を行うことを決意し、顧客を一人一人獲得しようとライトバンでの商品の宅配も決めた。同年8月には、事業計画を具体的にまとめるため、「やまとベンチャースクール〜創業支援塾〜」を受講。その後、起業し今日に至っている。

 現在、提携している農家は、桜井市や榛原町を中心に80軒。顧客は一般家庭を中心に約200人ほど。小山氏は「昔、食べた野菜の味がすると言ってもらえるのが嬉しい」と語り、今日もライトバンで飛び回っている。
同社が扱う商品は県内の農家がキトサンを使って作った農産物のみ。味も良く、栄養価も高い
その他の写真一覧

支援内容
 小山紘司氏は起業するにあたり、奈良県中小企業支援センターが主催する「やまとベンチャースクール〜創業支援塾〜」を受講し、起業するための基礎知識等を学び、実際に起業する段階でもその知識を活かしている。

 また、当社は、同センターが主催する「起業なら奈良!ビジネスプラン」(事業可能性評価委員会)に自社のビジネスプランを申請し、最高のAランク評価を受け、この評価を得たことで「ビジネスマッチングプラザ」へ参加する資格も得て、その場を活かし企業としてのネットワークを拡げたり、当センター所属の総合相談ブレーンより経営指導を受けて事業に新たな要素を取り入れるなど、さまざまな支援制度を活用している。

企業者の声
取締役
小山紘司氏
可能な限り商品はライトバンで当日中に顧客へ届ける
 「やまとベンチャースクール」や「ビジネスマッチングプラザ」へ参加させていただいたことで、人的なつながりを拡げることができました。今では、このことが最も大きい私どもの強みとなっています。さらに、支援センターの総合相談ブレーンの方々にも様々な形でご助力いただき、感謝しております。

担当者の声
 当社の場合、経営に係るソフト面(特に人的ネットワークなど)の充実に当センター主催の事業が役立っているようです。夢を持って事業に取り組んでおられる企業なので、これからも事業拡大を図られる際などに、専門家派遣制度や小規模企業設備資金制度などの支援制度、各種研修会、イベントなどをフル活用していただきたいと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 小山眞弓 
住所 奈良県北葛城郡広陵町平尾634-2
電話 0745-54-1350
e-mail office@kodawari-l.com
URL http://www.kodawari-l.com
従業員 4名
業種 小売業(農作物宅配)
主要製品 有機農作物