HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
本物志向の麺にこだわり続ける、町の製麺屋さん!
有限会社 辻井食品工業所 平成16年
企業概要
 昨今の食品業界では大量生産時代が終わりを告げ、量は少なくてもこだわりのある商品に人気が集まっているという内容の報道によく接する。当社は、かつて同業者が大量生産に移行するなか、一貫して材料や製麺技術を向上させる本物志向の経営を追究し、現在は本格料亭等こだわりのある店へ麺やスープを供給して着実に業績を伸ばしている。「添加物を使わず、材料には天然物の高級素材のみを使用し、麺の製造工程においても大事なところには手作りの部分を残している。それが我が社のこだわり」(辻井博文専務)という経営を続けている。

 また、当社の強みは、全国的にも有名な天理市内の大手ラーメン会社の麺製造を通し、独自の麺、スープ作りのノウハウを取得してきたこと。人気ラーメン店の商品作りに携わって来た経験は、当社製品の本物の味を保証している。

 こうした長年のこだわりと強みが浸透し、最近はうどんやラーメンのこだわり店に麺やスープを卸すことが多くなってきている。良い素材を使っていることがユーザーにも理解され、付加価値を高めている。最近では、本物志向を受けて生協や百貨店、自然食品の店舗で取り扱われているほか、天理市内で土産品としても販売されている。品質と味に徹底的にこだわる当社のさらなる発展が期待される。
工場内

支援内容
 1、小規模企業設備資金制度(貸与)の利用

  小規模企業設備資金制度(貸与)を活用し、新規に「茹で麺自動玉取り機」「液体(だし・スープ等)充填包装機」等を導入するなど、効率的な設備投資を行なっている。

 2、登録専門家派遣経営相談の利用

  従来の商品のパッケージイメージに統一感がなく、ブランド戦略に欠けるという問題意識のもと、登録専門家(岡本善彦氏:デザインおよびビジュアルコンサルティング)の派遣を受け、パッケージデザインをリニューアルすることで、競争力・商品力をアップさせ、販路拡大および売上増加を目指した。

  なお、専門家による診断・助言は次の通り。

  ・当社商品が置かれている売場の調査分析を行い、他社商品との差別化ポイントを明確にし、独自性・強みをビジュアル的に表現するブランドの方向性を示した。

  ・イメージには高級感を与え、「ベーシックモダン」というデザインコンセプトのもと、ロゴマークを新しくし、パッケージデザインをリニューアルすることを提案した。

企業者の声
専務取締役
辻井 博文氏
 小規模企業設備資金制度(貸与)を利用させていただくことで、低利で最新の設備が導入できました。最新設備の運用効果で人員の有効的な配置も図れ、取引先からの増産要求にも応えることができ、感謝しています。

 また、派遣していただいた登録専門家の方の診断・助言に従って一新したパッケージデザインは、お客様からも好評を得ています。取引先の選別を行っていた大手百貨店との取引も継続することができ、新パッケージデザインの効果は絶大です。

担当者の声
 当社は、小規模企業設備資金制度を継続的に活用されている。また、今回は商品デザイン変更という部分で登録専門家派遣制度を活用していただいた。どちらも、確実に効果が上がっているようで何よりです。

企業基本データ
代表 代表取締役 辻井秀光
住所 奈良県天理市川原城町666
電話 0743-62-0147
e-mail tsuji-1@mxq.mesh.ne.jp
URL http://www.nara-aji.co.jp
従業員 5名
業種 食品製造卸小売
主要製品 麺類・麺類用スープ