HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
失業の逆境をバネに一念発起、デザイナーとして起業!
イメージマーケット 平成16年
企業概要
 岡本氏は、京都府内の大手デザイン会社の研究所で包装のデザインに携わっていた。その勤務先がメイン取引先破綻の影響を受けて連鎖倒産し、失業の身となった岡本氏は、一念発起して独立、イメージマーケットを立ち上げた。「人を楽しませたいという願望と、夢のあるモノ作りに挑戦したい」と考えていた同氏は、「人生は一度きり。自分の気持ちに正直に、自分のやりたい分野でチャレンジしよう」と、起業を思い立ったと言う。

 まず、もともと紙を素材にした立体的なパッケージが得意な特技を活かし、一枚のシートから組み立てられるカブリモノのデザインを始めたところ、結婚式やキャンペーンに使いたいという個人や企業の注文が舞い込む。この成功を契機に、吉本興業関連の物販会社と販売提携し、「燃えろ阪神タイガース!!カブリモノ」を公認グッズとして制作することにもなる。この商品は、タイガースの快進撃に加え、一つで三種類以上のかぶり方ができるというユニークさから、テレビや新聞各紙にも広く紹介された。

 続いて、全てがダンボールのみで作られた家具のデザインにも取り組む。単に「ダンボール家具」と表現してしまうと、軽くて安全な反面、強度に不安を感じられるかもしれないが、最新の強化ダンボールを使用しているため強度は木材と比べても遜色なく、しかも、糸ノコなどで簡単に切れるため加工し易い。この素材を最大限に利用し、自在な曲線を描き、木材では絶対に出来ない遊び心あふれるデザインを随所に取り入れたダンボール家具を生み出している。

 自身の独創性とアイディアで「使う人が幸せになるものをデザインしていきたい」と語る岡本氏。今後もオリジナリティあふれる発想が何を生み出すのか、大いに期待される。
岡本氏が乗ってもビクともしないダンボール製の子供用机
その他の写真一覧

支援内容
 イメージマーケット代表者の岡本氏は、奈良県中小企業支援センターが主催する「起業なら奈良!ビジネスプラン」(事業可能性評価委員会)において最高のAランク評価を獲得したことから、奈良県が運営する創業者支援施設「やまと創業インキュベータ」に入居し、オフィスを構えている。 

 なお、同センターの登録専門家としても活躍中であり、グラフィック、パッケージプロダクトデザイナーとしての専門能力を活かし、県内中小企業からの商品開発、商品のパッケージデザイン等の相談にも専門的見地より的確な助言指導を行い、好評を博している。

企業者の声
自作のカブリモノを被った「代表 岡本 善彦氏」
 奈良県の施設に入れたことにより、多くの商品を並べて、見栄えのあるプレゼンテーションが可能になり、商談やマスコミ対応もスムーズに行なえています。ありがとうございました。

担当者の声
 岡本代表の熱意ある創業に際し、事務所の場所を提供する形でお役に立てました。また、当センターの専門家に登録いただいており、その専門能力を広く活用できる場をより多く提供できれば幸いです。

企業基本データ
代表 岡本善彦
住所 奈良県奈良市高畑町102−307
電話 0742-24-5502
e-mail chappy@kaburimono.com
URL http://www.kaburimono.com/im.html
従業員 1名
業種 ・「オリジナルかぶりもの」デザイン、制作、販売、レンタル、ワークショップ
・「ダンボール家具、玩具、什器」デザイン、制作
・パッケージ、プロダクトデザイン
・ビジュアルコンサルティング
主要製品 「オリジナルかぶりもの」「ダンボール家具、玩具、什器」