HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
地域密着型ポータルサイト「滋賀ガイド」を中心に、目指すは地域複合メディア
株式会社 ヤマプラ 平成16年
企業概要
 1988年(昭和63年)の創業以来「デザイン」をキーワードに、インターネットシステム設計、パンフレット・チラシ印刷、イベント・展示設計、ビデオ・CM制作、店舗計画など広く手がけてきた。「安定とは立ち止まることではない。常に変化してこその安定だ。」 創業者であり現会長の山田脩治氏のモットーのもと、いち早くIT(情報技術)に着目し、社内に取り入れ、印刷のコンピューター化や社内業務の効率化に積極的に活用してきた。

 やがてインターネットが一般に利用される時代となり、新たな情報発信ツールとして便利に使われるようになってきた。「これまでのパンフレットやチラシとは違ったこのすばらしいツールを人々の生活にどう活用していくか・・・?」「地方の時代と言われるこれからの時代をどう生き抜いていくか・・・?」 次の時代を見つめ、当社のこれからの大きな使命として手にした一つの回答が「地域密着型ポータルサイト」の構築だった。

 こうして2001年(平成13年)10月より、印刷業を通して培ってきたコンテンツ企画・制作力とコンピュータ技術力、および、3万社を越える顧客(企業・事業所)データ等を基盤として、地域住民の生活行動圏に密着した情報を提供できるポータルサイト『滋賀ガイド』(http://www.gaido.jp/)をオープンさせた。

 2003年(平成15年)12月には毎日新聞の週刊地域情報紙と提携。今後は地域複合メディアとして、各都市の住民に役立つ地域情報の提供事業、企業や商店等の広告宣伝事業、折り込み集合チラシによる広告事業、ホームページの企画・制作支援事業など、複合的な展開を進めている。
生活行動圏に密着したポータルサイトサイト「滋賀ガイド」

支援内容
 平成14年度事業可能性評価へのチャレンジに際し、事業モデルのブラッシュアップに取り組み、審査の結果Aランク評価を受けた。その後、専門家派遣により事業内容や財務力の強化への取り組みを支援した。また、マスコミ報道等により知名度の向上につながっている。

 滋賀ビジネスパートナー2004への出展や、コラボ21でのブース展示のほか、事業可能性評価Aランク企業交流の場を設けるなど、機会あるごとに支援を行なっている。

企業者の声
代表取締役社長
苗村 寛氏
 平成14年度に事業可能性評価でAランクを取得。厳しい審査を経て認定されたことにより、『滋賀ガイド』立ち上げの中心となった若手スタッフ達の心強い励ましになった。この評価を経て融資や経営診断面などで事業支援を受けられたのもよかった。

担当者の声
支援センター
プロジェクトマネージャー
竹村 弘氏
 最新の地域情報量を誇る滋賀県ナンバーワンの『滋賀ガイド』というポータルサイト運営や、大手新聞社との連携による情報新聞紙「OHMI」の発行という、独自性を保有していることが強みである。地域情報に強い総合情報産業としての成長飛躍を期待し、当社のニーズに応じた支援メニューの適正な選択や、産学連携支援等の総合的支援で応援していきたい。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 苗村 寛
住所 滋賀県近江八幡市桜宮町289 フジビル
電話 0748-34-8870
e-mail yp@o-i.co.jp
URL http://www.o-i.co.jp/
従業員 20名
業種 サービス業
主要製品 デジタルクリエーション、テレビCM、イベント、店舗計画、出版物