HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
質の高い映像コンテンツ製作技術をもとに、パソコン教材の新しいビジネスモデルを展開
株式会社 ウォンツ 平成16年
企業概要
 当社は、パソコン教室の運営や、ビデオ教材の製作と一般販売を行なっている。パソコン教室は、県内に直営教室を5ヶ所開いている。パソコン習得のためのユニークなビデオ教材は、基本コースから発展コースまで、各種のカリキュラムに対応して豊富に開発されている。

 従来、パソコン教室をFC(フランチャイズ)契約により全国規模で拡大してきたが、FC本部を続けていくには、教室の開設・運営指導だけでなく、将来ともサポートしていかねばならないなどのリスクも多いため、現在は加盟金とロイヤリティーを廃止し、誰でも加入できるシステム『ウォンツユニオン』に改めた。

 その後、ビデオを見ながら自習形式で学習し、分からない点を講師に聞きながら操作を学ぶという独自の運営方式がヒットし、その採用が既存のFCとその後の参加を合わせ北海道から九州まで120有余の教室に達した。現在は得意分野のビデオ教材の製作と販売に集中し、新規参加教室の拡大を図りつつ、教材の拡販に努めている。

 鈴木社長は県外の大学を卒業後、学習塾に勤務していた兄と「故郷に戻りビデオを教材に使った日本一のパソコン教室をやろう」と意気投合し、鯖江の実家の蔵で教室をオープンさせた。教材製作は「楽しさ」と「分かりやすさ」を最大のポイントとしており、教材の中に出てくる講師それぞれにキャラクター性を出し、ファンを増やしていきたいと考えている。

 また、教材の製作をスピードアップし、内容のレベルアップに全力で取り組み、パソコンと言えば「ウォンツ」、カルチャーと言えば「ウォンツ」と言われるよう頑張りたいと、張り切っている。
教材であるビデオソフトのパッケージ

支援内容
 日頃の相談窓口で、インターネットを利用した通信販売を実施している企業から、「ホームページを開設しているがアクセス件数が増加しない」または「実際の購買に結びつかない」といった相談事例が多くなっていた。この経営課題を克服するため、平成15年9月から10月にかけて実践型研修「売上向上のためのサイト運営実務―アクセス&購買率向上編―」を開催した。

 この講座を受講した当社は、パソコンソフトの操作説明用ビデオの製作販売を手がけているが、ホームページの活用による販売額が増加しない問題を抱えており、センターの相談窓口にも度々相談があった。研修では、自社のホームページを改良し、検索に反応しやすく、かつ、購買にもつながるようなシステムを実現する効果的な手法を修得した。早速実践に移し、ホームページを活用して自社製品のPRに努めた。

 研修終了後も、当社からホームページの改良方法や通信販売方法などについて相談があり、適切なアドバイスを行なっている。

企業者の声
代表取締役
鈴木 洋氏
 センターの実践講座は、お世辞抜きで受講して本当に良かったです。実践がメインの内容になっていて、すぐに成果が上がるものでした(実際に上がりました)。講師もEC(電子商取引)分野で日本を代表する方ばかりだったので、受講を契機に人脈もでき、新たなビジネス展開にもつながりました。

担当者の声
 当社は、研修にも社長自らが受講、研修内容を即座に実践し、急激に成果を上げた企業です。フットワークも軽く、当センター以外の研修にも、県外で行われるセミナーなどに積極的に参加しているようです。県内のインターネット通販業者が自主的に行う勉強会でも中心メンバーとして活躍され、今後とも成長が期待できる企業です。

企業基本データ
代表 代表取締役 鈴木 洋
住所 福井県鯖江市杉本町31−45
電話 0778-52-7880
e-mail suzuki@wants.jp
URL http://www.wants.jp
従業員 3名
業種 情報提供サービス業
主要製品 パソコンのビデオ教材