HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
産学連携で自社製品の開発に挑むITベンチャー企業
株式会社 COM-ONE 平成16年
企業概要
 当社は、平成15年2月に創業したソフトウェアメーカー。米田社長が、大手ソフトウェアメーカーを退社し、「自社の持つ優れたIT技術によりIT社会の発展の一端を担う企業を目指して」という経営理念に賛同する4名の前社同僚と共に立ち上げた。

 主な事業内容は、得意分野であるグラフィック技術による情報の可視化(ビジュアライゼーション)をはじめ、JavaによるWebシステム、パソコン制御システム、エンジニアリング関連システム、CAD(コンピューター支援設計)システムと周辺アプリケーション、店舗計画システム等の流通アプリケーションなどの開発であり、大手メーカーからの受託開発等を行っている。

 現在、自社製品開発のためのコア技術確立に向けて、北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科の吉田武稔助教授の開発したナレッジデータベース技術と、自社の先進的CAI(コンピューター支援教育)システムを融合した、「技能伝承支援システム」の研究開発に取り組んでいる。また、(独)情報処理推進機構(IPA)のオープンソースソフトウェア基盤整備事業で採択された委託事業において、統計解析ソフトの国際化を実施している。

 業績も順調に推移しており、将来的にもこうした産学連携等によって自社の独自技術を高度に発揮した、独創的な自社製品開発を目指して事業に取り組んでいる。

支援内容
 平成15年2月、自社独自技術の研究開発に取り組むため、創業と同時に支援センターが運営するインキュベーション施設「いしかわクリエイトラボ」に入居した。

 同年10月には、県内外のベンチャー企業経営者や経営支援センターアドバイザー等が委員の「事業可能性評価委員会」により、経営課題や事業計画等について専門的な見知からアドバイスを行い、今後の事業の取り組みの参考としてもらった。

 また、事業拡大に伴い平成16年12月に「いしかわフロンティアラボ」に移転した。

 現在も、事業計画策定等を含め様々な経営課題解決について、支援センターアドバイザー等により継続的にアドバイスを行っている。

企業者の声
代表取締役
米田 稔氏
 創業時より、インキュベーション施設への入居、事業計画策定、経営指導、技術支援など、様々な経営課題に対して適切な助言をいただき感謝しています。今後とも継続的な支援をお願いしたいと思います。

担当者の声
 創業期、事業拡大期とも、当支援センターのインキュベーション施設をご利用いただいております。また、北陸先端科学技術大学院大学との共同研究や新製品関係の助成金等を活用し、全社員一丸となって自社製品の開発を目標に取り組んでおられます。業績も順調に推移しており、今後の成長に期待しているところです。

企業基本データ
代表 代表取締役 米田 稔
住所 石川県能美市旭台2丁目5番1 いしかわフロンティアラボ内
電話 0761-51-7727
e-mail postmaster@com-one.com
URL http://www.com-one.com/
従業員 13名
業種 情報処理サービス業
主要製品 コンピュータソフトウェアの受託開発
インターネット利用による各種情報サービス
コンピュータシステムの企画・設計・運用に関わるコンサルテーション