HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
廃ガラスから製造する、環境にやさしい軽量発泡資材を開発
三陽陸運 株式会社 平成16年
企業概要
 富山県は、従来からガラスの二次加工メーカーが多い土地柄ということもあり、当社はそのガラスを中心とした運送業を営んでいた。元々ガラスに縁があった中で、工場から出る廃ガラスや家庭から出るガラス瓶等を何とかリサイクルできないかと考え、ガラス瓶・廃ガラスを100%利用した再生軽量多用途資材「スーパーソル」の事業化に結びつけた。事業化の目的は運送業との相乗効果を狙ったものであり、運送業の安定化にも役立っている。現在は産業廃棄物の収集運搬だけでなく、処分業の認可も取得している。

 「スーパーソル」はガラス瓶・廃ガラスを原料に、粉砕・混合・焼成といった工程を経て、気泡を内包した軽石のような固体製品となったもの。「富山県認定リサイクル製品」であり、「エコマーク認定商品」となっている。
特徴として、
(1) 燃えない(無機鉱物で耐火性あり)
(2) 軽い(比重が0.3から1.0以上まで製造可能で、用途によって使い分けができる)
(3) 安全(ガラスが原材料のため有害物質が溶出しない)
(4) 簡単(施工現場での自由度が高く、どんな歪曲な地形でも埋設管があっても工事が可能である)
(5) 地球に優しい(堀削後、産業廃棄物の適用を受けない)
(6) 水はけ(締め固め後でも水はけが良い)等がある。

 例えば、吸水率30%以上、比重0.3〜0.6、粘度3種の「L1」と呼ばれる製品では、通気性と保水性が高いため、鉢底、樹木の底敷詰めや土との混合、酸素管として使用される。また、吸水率30%以下、比重0.4〜0.5、粘度2種の「L2」と呼ばれる製品では、軽いままの状態が続くため、擁壁裏込め材や地下構造物保護材、軽量盛土材として使用される。
スーパーソル
その他の写真一覧

支援内容
 異業種分野進出に関する問題点解決プランへの積極的アドバイスを行ない、ビジネスプランの作成等に関与しながら、平成14年7月に経営革新(中小企業経営革新支援法)承認を得る支援を行なった。

 資金面および生産設備に関する相談に対応しながら、平成15年2月には富山県新世紀産業機構の設備貸与制度を活用して、新規商品用製造設備を調達する支援を行なった。

 販売面では富山県ベンチャープラザをはじめ、中小企業テクノフェア(東京・大阪)等への出展を紹介し、出展に掛かる費用の一部補助を行なうことにより、製品の紹介と販路の拡大を図ってきた。

企業者の声
代表取締役
矢野 隆三氏
 中小企業支援センターの支援を受け経営革新認定企業となり、事業経営並びに販路拡大の支援をいただき大変感謝している。特に、知名度のない当社が全国区企業に納入できるきっかけを作ってもらえたことが、大きな成果と思っている。

担当者の声
 新工場の立ち上げ設備の提供、その後の運転資金融資等は大変喜んでいただいた。今後とも、販路拡大に伴う設備資金支援等には全力を尽くす予定である。

企業基本データ
代表 代表取締役 矢野隆三
住所 富山県射水郡大門町布目沢622番地
電話 0766-53-0034
e-mail info@r-sanyou.co.jp
URL http://www.r-sanyou.co.jp/
従業員 62名
業種 運送業、サービス業
主要製品 ガラス運送、廃ガラスのリサイクル品加工