HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
新製法・新食感の大豆丸ごと手作り豆腐
とっぺ屋本舗 平成16年
企業概要
 当社の豆腐「大豆丸」の特徴は、丸ごと大豆の濃厚豆乳を濾(こ)さないでそのまま豆腐にしていることである。従ってオカラは出ない。オカラの栄養分も丸ごと取り入れているだけに、栄養価は高い。昔から「畑の肉」と言われる大豆の豊富な栄養分が、たっぷりと含まれている。しかも、原料は国産大豆の「銀嶺」を100%使用している。このため栄養価が高いうえに、厳選された大豆の本来のコクと旨味が凝縮されているため、美味くてヘルシーな豆腐になっている。

 従来の豆腐製造では、製造過程でオカラが発生し、その大部分は産業廃棄物として処分されていた。それに比べて当社の豆腐は、大豆を丸ごと微粉末にした原料を使用することにより、オカラの栄養分も丸ごと取り入れて豆腐にしている。これによって、環境問題にもなっていたオカラを産業廃棄物として処分する必要がなくなり、環境にもやさしい商品となっている。また、従来に比べて製造方法が簡略化されており、製造時間が短縮されて一日に何回転も製造できることから受注生産が可能となり、いつでも出来立ての豆腐をお客さまに提供できる。

 平成15年10月にオープンしたところであるが、マスコミに取り上げられたこともあり、評判を聞きつけた客が遠方からもわざわざ来店し、場合によっては品切れを起こす状況となり、当初の売上目標をかなり上回っている。
製品
その他の写真一覧

支援内容
 代表の竹川氏は脱サラの創業者である。創業にあたり支援センターを訪れた。まずは代表の話を詳細に聞き、計画の内容を組立て、ビジネスプランを作成することから始まった。

 その一つである資金調達については、富山商工会議所主催の「創業塾」への参加を促すとともに、支援センター資金担当マネージャーがアドバイスして国民生活金融公庫の融資を受けるに至った。また、支援センターの行う「創業・ベンチャースタートアップ支援事業」の補助対象として採択され、豆腐製造設備の資金に充てることができた。

 拡販に向けた支援では、「専門家派遣制度」を活用して包装・パンフレット・ロゴのデザインや、販売戦略について専門家の助言を受けるなど、様々な局面で支援を行なってきた。

企業者の声
 経営知識や経験のない者にとって、自らの力だけでの起業化は到底困難であった。事業計画の立案、資金調達、PR方法等で支援していただいたおかげで、売上実績は当初計画の2倍を達成できました。この結果、製造が追いつかない状況となっており、製造設備を大型化するとともに、手狭になってきた現店舗を移転する検討をしているところです。その際には、さらなる支援をいただきますようお願いします。

担当者の声
 「オカラの出ない豆腐」については元々話題性があり、地元マスコミに頻繁に取り上げられたこともあって、既に商品のPRが一部なされていた。従って、当初の立ち上げに際し実現可能な計画に組み直すことさえできれば、代表の持ち前である粘りで成功するものと確信していた。今後とも経営が着実に展開するものと期待している。

企業基本データ
代表 代表 竹川光男
住所 富山県富山市今泉471番地1
電話 076-420-4400
e-mail
URL
従業員 1名
業種 食料品製造業
主要製品 豆腐、豆乳