HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
新開発「パールカレー」をひっさげ、新市場開拓に挑戦する志摩のアイディア企業
有限会社 サンエイ 平成16年
企業概要
【志摩は魚介類の宝庫】
  伊勢海老、あわび、うちわ海老、たかあしカニ、サザエ、うに、ひおぎ貝、かつお、とらふぐ、牡蠣、そして真珠、志摩は一年中、美味しい魚介類が豊富。だから志摩の漁師、海女は忙しい。漁師が沖に出た船の上は、「板子一枚地獄の底」と言われる危険がいっぱい。その上、食事の時間も無い程忙しい。そんな中で生まれたのがてこね寿司の始まりです。

【てこね寿司を商品化】
 食わねば体がもたない。母ちゃんが作ってくれた飯に、おかずは上がったばかりの魚の刺身。だが、いちいち醤油をつけて食べる時間も無い。「面倒だ、切り身は、まとめて醤油に付けてしまえ。飯は腐らないように酢をうとう。そうだ、いっそのこと両方を一緒に混ぜてしまえ」と、手でこねて食べたのが「てこね寿司」の始まりと言う。魚はカツオ、マグロ、ブリなどを用いる。荒々しい海の男の料理だ。そのままでは一寸生臭い。しかし、サンエイの「てこね寿司」には、まったく臭みが無い。伝統のうえに創意工夫を加えた、志摩地方の漁師料理「てこね寿司」の冷凍パックが誕生した。

【白いカレーを新開発】
 志摩市議も務める山本起大責任者は、地域の発展や福祉にも心をくだく。何とか志摩の名物を生み出せないか。介護食や病院食を、もっと情緒豊かなものに出来ないか。そこから白いカレー「パールカレー」が生まれた。無論、志摩市特産の真珠を用いている。色により制限されていたカレーの利用範囲を大きく拡大、「てこね寿司」も含め、真珠の里・志摩から新しい食文化の発信で、全国区への脱皮を目指す。
パールカレー
 
冷凍てこね寿司パック
その他の写真一覧

支援内容
 相談の切っ掛けは、魚の保存方法であった。それから「てこね寿司」の販路拡大であった。東京からマーケティング・サポーターに来訪を願い評価してもらった。パッケージの容量など、いくつかの問題が指摘された。改良を進めるとともに、東京の市場を調査した。その結果、大手企業が扱ってくれることに決まった。

 そうこうする内に、「パールカレー」の試作ができた。丁度、三重県健康福祉部の支援事業「みえビジネスクリニック」の募集とタイミングが一致した。「病院食や介護食を、もっと情緒豊かなものに」との考えが一致した。採択検討会議の会場であるホテルに頼み、ご飯を炊いてもらった。見た目は甘そうだ。が、試食した委員全員が「美味い」と驚いた。「パールカレー」も専門家による市場調査とアドバイスの支援を行なった。

企業者の声
代表
山本 起大氏
 志摩市は風光明媚で大変良い土地ですが、東京からは随分離れています。新商品を開発しても市場の反応を見るのが大変です。センターは、その辺を考慮した支援を用意していてくれるので大変役立っています。

担当者の声
新産業振興チーム
矢野口 稔氏
 「パールカレー」の健康福祉分野への支援は、「ちょっとスジ違いかな」とも思いましたが、郷土色あふれ情緒豊かな食事が求められていることを知り、大変勉強になりました。今後とも既成概念に縛られず、お手伝いしたいと思っております。

企業基本データ
代表 代表取締役 山本久美子
住所 三重県志摩市志摩町和具642−2
電話 0599-85-0370
e-mail tekone@lilac.ocn.ne.jp
URL http://www.isesima.net/sanei
従業員 7名
業種 食品製造販売業
主要製品 仕出し、弁当、魚介類加工食品

提携に関する情報
 「てこね寿司」「パールカレー」を販売していただける先、また、業務用として使っていただけるお店をご紹介いただければ幸いです。