HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
「新しいことは難しい、でも良いことは必ず分かってもらえる」、技術や資格を習得し“本物の癒しの場”をオープン
千寿の郷 平成16年
企業概要
 総合癒しの場「千寿の郷」を訪れ、エントランスの螺旋階段を上ると、僅(わず)かに花の香りがする。良く整頓された、ほのかな温かみのある不思議な空間だ。ソファーにはフットマッサージ器に足を乗せ、あたかも観葉植物の葉が発するマイナスイオンの風に頬をなでられるように、心地よく浅い眠りに落ちている人が居る。その横には、ベッドに横たわり、空気で指圧を繰り返すエアマッサージを楽しむ人。そして、グラディション(色の変移)を表すように何色もの布が並べられたハンガーから、一枚を選び、顔に当て鏡を見る人。自分に似合う色を選んでいるのだ。自分が最も美しく見える、最も美しく見せることのできる色を、「カラーコンサルティング」してもらうためである。

 ハーブの香りが奥の部屋から漂ってきた。ドアを開けてその部屋に入る。確かに、なんともいえない快いハーブの香りだ。囁くようにモーツアルトも聞こえてくる。サラサラと靜にカーテンが開き、ガウンの女性が出てきた。「ああ、これがハーブサウナか」とくつろぐ。一時間程、「寝ころびスペース」でごろ寝をして部屋を出る。帰り際に「薬膳茶」をいれてくれた。身体の疲れと心の悩みが軽くなっている。

 浅野社長は、指圧師、カラーセラピスト、エステシャン、メークアーティスト、足心療術師、リボンフラワーデザイナー講師、リンパセラピスト、フラワーアレンジメント資格など、多くの資格と深い技術を習得した。お客様に、五感を通じて心も体もリフレッシュしてもらいたい、“本物の癒し”を差し上げたい、健康で美しい人生を送っていただきたい、と願うからである。とりもなおさず、そのことは、自分自身も願っていることであり、だからこそ本物を、より良いものを求めるのである。 
癒しの場「千寿の郷」
その他の写真一覧
 
癒しのロビー

支援内容
 大変革新的でチャレンジ精神旺盛な女性社長。まったく新しいコンセプトの総合的な「癒しの場」を開業したいとの相談に、経営的な面と資金調達のアドバイスで、センターだけでなく商工会議所や高齢者雇用開発協会まで巻き込み対応させていただいている。

 社長の放つ夢実現のためのものすごい“気”は、ともすれば妥協を許さない場面を作りそうになるが、全てを自己の責任として捉え、明るく前向きに解決しようとする人間の大きさに、むしろセンターが教えを受けているのではないかと思わされる。

企業者の声
代表
浅野 陽子氏
 センターの人は色々教えてくれます。資金や人の確保は無論、部屋のレイアウト、整頓の仕方までアドバイスをくれます。

 それは、気づかないうちに専門的で狭い視野になっていた私の目を、お客様の目線に戻してくれます。これ以上の支援はありません。

担当者の声
情報支援チーム
小林 利幸氏
 本当に発想が豊かで、ついて行くのが精一杯です。しかも、自力で問題をドンドン解決される行動力に頭が下がります。

 今後のフランチャイズ展開などには、何とか良い提案が出来るよう頑張ります。

企業基本データ
代表 代表 浅野陽子
住所 三重県桑名市西方小谷2411 スポーツマジック桑名内
電話 0594-21-2126
e-mail senju2005@yahoo.co.jp
URL http://www.geocities.jp/senju2005
従業員 1名
業種 その他(癒しの場)
主要製品 総合癒しの場「千寿の郷」経営、癒しに関するコンサルティング、癒し器具販売、その他健康飲料水・自然化粧品等販売

提携に関する情報
 「癒しの場」のフランチャイズ店を募集しています。意欲のある方をご紹介ください。

 また、ハーブサウナ、エアマッサージ機などの販売をしていただける方をご紹介いただけると幸いです。