HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
耐蝕・耐磨耗性スクリュ―およびシリンダーで顧客の生産性向上に貢献
渡辺製作所 平成16年
企業概要
 当社は、1967年に渡辺社長が創業。時計職人、金属加工業の技術経験を生かし、現在の成形機用各種部品の製造に着手した。長年付合いのあった大手特殊鋼メーカーとの共同研究を通じ、この分野に特化し、すぐれた性能の部品を提供して業界の信頼を得ている。

 主要製品は、プラスチック成形加工に使用される射出成形機、押出機、ブロー成形機等の各種部品、特にスクリューおよびシリンダーである。その使用材料は、耐蝕性、耐磨耗性に優れた特殊鋼であり、窒化チタンなどのコーティング処理もできる。また、生産設備として、金型放電加工、研摩加工、遠心鋳造、BTA加工(深穴加工)、ホーニング加工(内径仕上げ)などの各種加工設備を取り揃えている。

 当社製品の特長は、こうした、材料・設計・加工・応用技術の組合せをベースに生まれており、他者を凌駕する要因となっている。当業界に於けるシェアーは、およそ10%、我国のスクリュー、シリンダーメーカーとしてトップクラスである。

 当社の経営理念は、『夢と目標はお客様と共に築く』『相互に揺るぎない技術の向上と経済基盤を築く』『我国の技術大国への復活に大きく貢献する』ことである。この経営理念に沿い、顧客への技術指導にもあたるなどの活動により、顧客の生産性向上に貢献し、着実に顧客の信頼を得ている。
工場風景
 
スクリュー商品
その他の写真一覧

支援内容
 平成15年度の事業可能性評価への申請をサポート、「A」評価を受けた。その後、顧客や金融機関への当社製品発表会を開催、これを契機に引合いが殺到し、新規の受注に結びついている。

 また、工場増設による内製化を機会に工場管理の見直し、現場の人達への教育指導を行うことを奨めている。

企業者の声
代表者
渡辺 正彦氏
 事業可能性評価で「A」ランクをいただき、発表会の開催、新聞報道等のご支援により、金融機関から新規設備投資への理解、協力が得られ、生産設備増強にもはずみがついた。また、従来お付合いの無いお客様からも照会や注文をいただき、支援センターに感謝している。

 今後一層の生産性向上に取り組み、品質・納期・価格改善を進めたいので、5S、品質管理を中心とする指導をお願いしたい。

担当者の声
 渡辺製作所のスクリュー、シリンダーは、材料・設計・加工・使用技術の組合せをベースにしており、中国等にコピーされにくい高い国際競争力がある。市場はニッチであるが、機械メーカーにはない、部品メーカとしての対応の良さがあり、今後とも発展が期待できる。

企業基本データ
代表 代表 渡辺正彦
住所 岐阜県各務原市鵜沼川崎町2-143
電話 0583-89-3701
e-mail tadashi-watanabe@watanabe-seisaku.com.
URL
従業員 33名
業種 金属加工業
主要製品 プラスチック成形機用スクリュー、シリンダー